« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

おおみそかドライブ

毎年、母がお餅をついて、ほかにお供えやおりんごなどを
箱いっぱいに詰めて、送ってくれます。


それを受け取って、お仏壇にお供えして、
お花や、すこしの食材を買いに出かけました。


車だしたので、なんとなくそのままドライブ。
中原街道、東京方面に走りました。


車乗ってると、あるあるだけど、
泣ける。
ひさしぶりの道。
夫ときたお店とか、ふたりで歩いたところとか。


夫に会いたいなあ。
それまでがんばらないとなあ。


私はいつもダメダメだと、ネガティブになりがちなんだけど、
みんなそんなかんぺきばかりじゃないんだから、
だれでも、ぼくだって、ダメなときあるよ、いいんだよって
夫が言ってくれそうな気がした。


夫が好きだったことや、いろんなものを
素直に好きで大切にしたいなあ、って思いました。
車もね、ドライブもね。
いつもたくさん笑って、あったかくて、楽しかったよね。


ゆっくり呼吸して、
執着せずに、
穏やかに、
ってそれをこころの目標にしているけれど、


実際の自分は、
「あきらめ」っていうか、
どこか冷めているっていうか、
そんなところがたくさんあるような気がします。


多摩川渡るとき、やっぱり好き。
いつだったか、友達が共感してくれて、
「私もいつも見る、川って視界がワーっと開けるんだよね」と。
ほんとそうだと思いました。


ひとつひとつ、いっぽいっぽ、
来年も、またいちにちいちにち。

2017年12月30日 (土)

2回目なので

昨日でお仕事納めでした。


今日は、クリスマスプディングを食べた。


イギリス人の義妹のお母さんが、
ひとりようのクリスマスプディングを毎年、私にもくださるのです。
わたし、それが大好きなのです。
(弟は苦手らしく・・・
日本では、シックで甘すぎと感じる人のほうが多いかもしれません)


んで、去年、クリスマスプディングに添える
ブランディーバターを義妹に教えてもらって
動画を見ながら、作ってみた!


それがまためちゃくちゃ大好きだったので、
今年も作った!


バターとお砂糖をフワフワになるまでまぜて、
それにブランディーと、今年は義妹のアドバイスで
アーモンドプードルを混ぜた。ちょっとサクサク感。


ものすごく甘いし、ものすごくカロリー高そうですが、
とってもおいしいです。。。


去年は、初めてで、どんな作業かわからず、
手はベタベタになるわ、
なぜかそこらじゅうにバターが飛んだり、
すんごい時間かかったような気がしましたが、


ことしは、手も容器もよごさず、
こんなすぐできたっけ??ってぐらい簡単にできました。
いや実際、簡単やねんけどね。。。


2回目って、すごいなあ。


ぎゃくにいうと、初めてのときって
おなじことなのに、おどろきたっぷりで、
すごく楽しめるってことですね。


クリスマスプディング、おいしい。
義妹のお母さんが、送ってくれるのがおいしいのかもしれないけれど。
ナッツとかドライフルーツとかがギューとつまってて、
リッチだし、あたためたところにブランディバターがすごく合う。


ゆっくりひとりの冬の休日です。

2017年12月26日 (火)

帰省

ことしも、年末の帰省しました。
実家神戸と、夫実家京都はしごして、
横浜に帰ってきました。


夫いるころはお正月休みに帰って、
宴会はしごしてたけど、
お正月にぎやかさに一人で行く気持ちになれず、
どこにも居場所がないように思ってしまってから、
年末年始はひとりですごすようになりました。


実家母とべったりの妹家族とは、
なんとなく距離ができてしまって、
それもいまだ変わらずです。


ともだちに会うこともなく、
お墓まいりと、身内との食事と、
それだけで帰ってくるのも。
ことしも、そんな感じでした。


まあいいのだ。
あらためて文字にすると、
だんな死んだからっていつまでも心閉ざしたヘンコですが、
じっさいは、たんたんと自然でいいやって感じです。


でも、ことしは、11月に一緒に旅行した友だちが骨折で入院してるって連絡もらって、
お見舞いいきました。


入院、予定ではまだ続きそうで、
傷もいたいたしくて、
とっても切なかったけど、
顔を見て話せて、いろいろ聞いて笑って、
こちらの勝手ですが、ホッとしました。


友だちと話していて、
骨とか肉とか、ほかの部分も、
人間のからだって、
つねによくなるほうにむかって、
ずっとがんばってるんだなって思った。
その過程で痛かったりするのはつらいけど。


この季節は、
楽しそう、幸せそうなことがたくさんあって、
(町中には幸せアピールかと思うほど、
小競り合いしてる夫婦のなんて多いことか…^^;)


わたしも幸せが当たり前だと思っていたから、
ひとりで歩くと、落とし穴がいっぱい。
意識的にムシするのに、慣れてしまいました。


もっと心穏やかに過ごせるようになりたいです。

2017年12月 3日 (日)

ゆびわ

ふだん、わたしは結婚指輪をしたままです。
でも、最近知り合った方たち、ゴルフがらみだけですが、
そんときは、外しているの。


お仏壇のそばに置いてでかけます。
さいしょはそれもすごく抵抗があったけれど、
そのほうが自然にふるまえます。


みんな私の手や指なんて気にしてないだろうけれど、
みたらご主人いるのねってふつうに思うだろうし、
たわいない雑談からなのに、わざわざ言わなきゃなシチュエーション
できれば、つくりたくないです。


ただ、
何人かの人には、話の流れで言いました。


1年半前に、ほんとうに初めて、人に告白?したときは、
胸がバクバクして、まだ涙が出そうだったけど、


いまは、たんたんと、たぶんさらりと話せるし、
相手が驚いて神妙にされても、「もう7年だから」って言えばたいがい大丈夫だし、
親しいとまではいかなくても、新しく知り合った方もできました。
この1年半は、自分の中で、すごく変化がありました。


でも、ここにきて、思う。
未亡人って、
独身女性カテゴリーなのか。


彼氏いるの?って聞かれたり
ウさんも独身だよ~って言われたり。



。。。



未亡人さんでも、むしろそれが好ましい方もいらっしゃると思うので、
7年経った私に対しては、たぶんそういうの扱いのほうが
一般的なやさしさかもしれません。


でも、めんどくさい。。。
「彼氏とかないですよ」って改めて言えないし。
苦笑い。


合コンメンバーの候補にあげないでください。。。
(理由つけてことわればいいだけですが^^;)


自分が若いころ、今の自分の年齢(当時の親の年代ですね)
まだ合コンとか、彼氏紹介して、とかあるの、
想像できなかった!
すごい。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ