« 畑 | トップページ | 7回目 »

2017年9月 7日 (木)

東京おば

なんだかこころに余裕がありません。
なにもかもが、ネガティブに感じられる。
なのに、ささいなことが切なくて涙がでる。
そんなじぶんもきらい。


1人ぐらしの夫おば(84歳)の認知症がわかったのがちょうど一年前。
夫の七回忌で京都行く日に家に迎えにいったら、
「そんなの知らない」って、本人もかわいそうなぐらい驚いてあせって出てきた。
髪の毛伸びて、すっかりやせちゃって、服装も変だった。


そこから介護サービス受け始めるまでいろいろあったけど、
いまデイサービス週2回、ヘルパーさん毎日、
お世話になりながら、1人暮らし続けています。


おばの血縁は、姉と妹(←義母)、甥姪(=夫のいとこたち)
みんな関西。


私は月一回、通院につきそってるだけ。
ケアマネさんはじめ、介護のおかげで、
おばも落ち着いて、体調もなんとか安定しています。


ケアマネさん。
ほんとにお世話になってて、感謝してます。
親族の窓口は義兄(実際は義兄嫁)だけど、
私にメール入るときも結構多いです(あれどこ?これして、的な…)。
一方的で説明不足、フォローなしなのは感じてたけど、
大変なお仕事ですごい多忙だし、仕方ないって思ってます。


でもな、
こころの余裕がないからか…
なんだかな。。


今週の通院つきそいのあと、
介護認定だから連絡ください。
って、メール。


説明なし。都合も聞いてくれず。
(まあ、いつもそうなんだけど^^;)


義兄嫁とは電話で話したらしく、
私に同席してほしいって言ってたそうだ。
義姉も、ほんとに軽い感じで、
ええやん、家族がいたらええんよ〜
って。。


それ、私でいいのか?
わたしはその「家族」なのか?


おば自身は、いつも会うたび、
「せっかくのおやすみに、ありがとう」
「甥のお嫁さんで、血もつながらないのに、ごめんね」
「T(夫)は死んじゃったのに、ありがとう」
って言ってくれるの。
涙目のときもあって、ほんとつらいです。


おばちゃんのことは好きだから、
こんな気持ちになりたくないのに、
なんかイラっとしてしまって。


おばにとっての、姉妹も、甥姪も、
会いにもこない、電話の一本もない。
そんなの私に関係ないって分かってるつもりだけど、
たぶんこころの奥底に不満ためてるんだろうな。


じぶんがキライです。
気持ちに余裕がない。

« 畑 | トップページ | 7回目 »

コメント

ウ525さん、他人事なのに・・・ちょっとムカッと・・・

おばさまの関係者??のみなさん、ウ525さんのご好意に甘えすぎちゃあいませんか!!って。
いや・・・そりゃあね、地理的に出来ないこと、思いがあっても出来ないことなどあるのは
わかりますけどね。。でも、ちょうど都合がいいと思われてるような。。。。

ウ525さんの中には、もちろんご自分の気持ちもあると思いますが、どこかでご主人ならこうする
んじゃないかと、思って動いているのかなと、ふと思いました。

その純粋な気持ちが・・・何かで報われたいわけでもないのに、イラッとしてしまうご自分を
責めてしまう。自分がやりたいからやっていると思いたいっていうか・・ね。

でもね、神様じゃないんだもの、やっぱりさ関係者がそれなりのことをしていれば、ウ525さんへの
ことばなり気持ちなりは何か出てくるものなのに、何事もないかのような態度はやっぱり
イラッとしますよね。(読んでいて私もイラッとします・笑)

その人達はほんとにそれでいいのか?後で後悔しないのか・・・??
私も同じではないですが同じような思いを何度かしています。
でもね、どうもそういう人は「後悔」なんてしないようなんです。自分のところに火の粉がとんで
くるのが嫌なだけらしいんです。

さっぱりわからないですが。。。

で、結局自分を収めるために、瞑想して。。人は人。自分は自分。自分がいいと思うことだけを
して、見返りは求めない・・・・なあんて、半分神様のようなことを思うんですがね(笑)


私の場合は、自分でアホやなあ~と、思いつつでした。

でも、ウ525さんにそんな思いをしてほしくないなぁと・・・おせっかいながら、一緒にイラっと
している次第です。

あんまり慰めになってない・・・よね。美味しいもの食べて下さい。深呼吸してくださいね!

お疲れ様です…
職業柄なんとなくわかる話なので
うーん、そうか。と
思ってしまいます。
キーパーソンじゃないのにね…
なんだか色々頼まれると
大好きなおばさんであっても
またかよ、ってつい思ってしまいますよね。
介護するって
本当に本当に大変です。
たとえ一時でも、たまにでも。
精神的に本当に大変ですから
どうか無理なさらないようにしてくださいね。

broncoさん、ありがとうございます。
コメントいただいて、、自分でもよくわかっていなかった気持ち、
ああそうだ、たしかにそうだ、って不思議な気持ちで読みました。
自分がしようと思って、していることなのだから、
他の人たちがどうであろうと、関係ないのだから、って。。。
でも、関係なくないですよね。
おばには子孫がいないので、心からの当事者になる人がおらず、
「誰かがしなければいけない」というよりは、
「誰もできない。区とか公的なお世話をうけよう」的な感じもあると思います。

義兄嫁が、去年たいへんだったころに
「なんで血のつながりのない私とSさんがしなあかんの、
こんなんお年玉もらった人がするんちゃうん!?」て言ってたことがあって、
お義姉さん、うまいこというなあ~と思いましたが、
わたしはどうもそういうふうに割り切れないところがあります。
義兄嫁はそうはいいながらちゃんとしてくれる情のある人なので、救われています。

「血のつながらない私とSさんがしてる」って義兄嫁はよくいいますが、
「パパと相談してから連絡するね」って言われるたびに、
じつはこころがチクチク痛くなるのも、悲しかったりします。

ゆずりはさん、ありがとうございます。
みんないろんなかたちで高齢になって、人の手助けが必要になるんだもんね。
先日は結局、介護認定の更新?で、ケアマネさんが来られましたが、
おばは認知症でほっておけば食事もせずずっと寝ていそうな感じなんですが、
立ち上がりや歩行にも問題なく!トイレの失敗もほぼなく!目が離せないこともなく!・・・
と、、おばちゃんひとりでたくさんのことしてるんだな、
逆にいうと、もっとたいへんな状況がたくさんあるんだ、って改めて実感しました。
いまのように、月に1回訪ねて、平和にお散歩して、ごはん食べて、くだらないことしゃべって笑って、
って、いつまでもできればいいのだけど。。

ありがとう。ゆずりはさんもお仕事、ご無理なさらないでくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1446740/71635116

この記事へのトラックバック一覧です: 東京おば:

« 畑 | トップページ | 7回目 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ