« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月25日 (土)

ねがネガティブ

金曜日の昨日、夕方のラッシュ時に、沿線で人身事故がありました。
午後の落雷豪雨の影響でか、近辺の路線もダイヤ乱れで、
なにやらいつも以上に、混乱気味だった。。


人身事故のすべてが自死ではないとは思うけれど、
どうしても、もしそうだとしたら、と思ってしまう。


以前からいたましいことと思っていたけれど、
しょうじき、メイワクだなって軽く感じたりもしてた。


いまは、しょうじき、つらいです。
その一線は、ほんとに紙一重かもしれないと思えるし、
その一線を越えてしまうことは、あまりにも大きな絶望だもの。


□□□


中2、夏休みをむかえた甥っこの勉強、
中途半端ながら家庭教師がわりにサポートしてきました。


またそのことで、弟夫婦と、甥と、私と、ストレスな状況になってしもうた
きっかけは私がつくった課題が、できてなかったことでした^^;。


いつもと同じで、弟が激怒った。
そして「S(←私)が見ても、ダメだった!」となりました。
弟曰「もう、やめよう!」となりましたよ、おいおい、クビだよ。。


私は、根がネガティブなので、
「私がおせっかいなことしたばかりに」「私が能力がないから」
てな、ぐるぐるワールドに陥ります。
(弟としては、私に申し訳ない、甥が応えられてない、ってことだと思い。。ぐるぐるぐる)


バスに乗ったら、泣きながら、帰ってきました。
甥にも、義妹にも、弟にも、そして、
必死で場を和ませようとする小4の姪にも、
切ないです。


もともと以前から、義妹と、母は、私の精神的な負担(責任)を心配して、
そろそろ塾に行かせたら、とかねがね話していました。
一年前と比べると、それでもずいぶんがんばれるようになったから。


なので、いずれにしても、なんらかの転換期です。


甥っこちゃんの、申し訳なさそうな、はにかんだ笑顔。
ほんとうに愛おしいです。


そして、弟のイライラは、
伯母である私には、分からない、
「親」の期待と、ジレンマです。


泣きながらトボトボと帰って、
ふ~~と、息をついた。


人のこころはむずかしい。
人のこころで、苦しむ。


たぶんたいしたことじゃない。
たいしたことじゃないけれど、
どんな人も、とってもエライ人も、
たいして、変わらないことで、悩んで、失敗して、苦しんだりします。


こんなときは、大好きな仏教の師の本を読もう、と思ったら、
サラサラと肩の力が抜けるような気がしました。
明日の朝は、ゆっくり瞑想したいな。


私が大好きなのは、
ツイッターで、ISSの宇宙飛行士さんから送られてくる、地球の写真。
ほんとうに、ほんとうに、すごい。
たくさん、驚きと、好奇心と、元気をもらいます。
インターネットすごい!お釈迦様もびっくりでしょう。
でも、人間のなかみはそんなに変わってないことが、
お釈迦様のもっとすごいところだ。


今日は、だいじょうぶ。
私はちょっとつよくなれた。

2015年7月18日 (土)

She is

梅雨空が過ぎて一瞬の真夏日のあと、台風。
なんだか、低空飛行しています。
この時期、毎年のことかな。
またお惣菜すこしとお酒の夕食。
去年も一昨年もだ、
あとで反省することわかってるのに、脱せません。


もうすぐ夏休み。
甥の学校は2学期制なので成績はでませんが、
三者面談で現時点での評価をもらってきました。


わたしとしては、
がんばってやったところが、
すこし伸びたかなと思ったんだけど、


弟は「ぜんぜんだめだ」って。


たしかに、弟のいう視点から見ると、たしかにね。
受験はきびしいからね。


ちょっとうれしいなって思っただけに、
脱力感もはげしく。


わたしはこれまで生きてきて、
なにひとつ、ひとに誇れることがない。


まあ、これまでどおり、
できないヤツなのです、わたしがね。


不器用でも、甥の勉強のお手伝いは、
お役御免になるまではできるかぎり、がんばります。


▫️▫️▫️


孤独感もはんぱなくて。
すごくひとりぼっちな気がします。
ともだちもいない。
そして、だれもいなくなった。


自分のまわり閉ざしてるのは、
わたし自身です。
これも、いままで生きてきてずっと同じ。


まえに母に言われたけど、
小さいころ、夜おふとんで、
「だれも遊んでくれない」と、
メソメソしてたそうです。


いまも結局、変わってないなあ、
めんどくさいこどもだったでしょうね。

2015年7月17日 (金)

いのり

「いのり」ってなんなのかなあと、
考えることがあります。


そんなこと、リアルで言ったら、
変な人、宗教ですか、とか思われそう^^;
もちろん誰にも言ったことないけど、
わりとよく、考えています。


先日、ヴァイオリ二ストの方のお話で、
バッハを演奏することは私にとって祈りです、
というようなことばを読んで、
すごくすんなり受け止められたし、
すこし涙がでました。


夫が倒れてから亡くなるまでのあいだ、
ほんとうは早い段階で脳死と言われましたが、
友人や会社の人たちにどこまで伝わっていたのか、
「祈っています」というメールを、たくさんもらいました。
とくにクリスチャンの人の「祈り」っていうことばはリアルに感じました。


わたしも祈りたかった。
でもどうやって祈ればいいのかわからなかった。
神様に届くほんとうの祈り。
ただ戸惑ってるしかなかった。


精進落としの食事のとき、
お坊さまが私の正面のお席だったし、
しいていえば私は仏教徒なので、
どんなふうに祈ればよかったのかと、
聞いてみた。


そのお坊さんは、
「仏教には祈りはないんですよ」
っておっしゃいました。


かるくおどろき。
生きてるあいだの人間の苦しみには、
仏教って、なにもしてくれないの?
いや、そんなはずはない。


それから、本やネットからのかじり読みだけど、
いまは、仏教をよりどころにしています。
信仰とはいえないけど、とても落ち着きます。


でも、ときどき、
いまの私から、あのときの私に、
どんなことを言ってあげられるかなって考えて、


やっぱり、それはとてもむずかしい。
いまもわかりません。

2015年7月 9日 (木)

ひきだしの中

梅雨ですね。
青空も、おひさまも、もう何日も見てないような気がします。


先日、家の中で探し物をしてました。
ゴルフクラブを入れる携帯用のバッグです。
夫が買ったけどほとんど使ってなくてほぼ新品だったなーと思って。


いろんなところ探したけど見つからなくて、
夫の冬服入ってる引出し開けてみたら、


??
私の夏のパジャマが入ってた。


なんで?
と一瞬思ったけど、
そうか、あの日着てたパジャマだ。
救急車の人に促されて、
着替えて病院に行く用意した朝。


たぶん目に入るたびにつらくて、
この引出しにしまいこんだんだろうな。
あんまり覚えてません。


またそのまま引出し閉めました^^;


夫の着てたのは、病院でハサミで切られたのが、
ビニール袋に入れられて返してもらいました。
それも、引越ダンボールのひとつにはいったままです。


じかんがとまってるなあ、
と思いました。


もう開き直っているので、
いまはそのまま、です。

2015年7月 3日 (金)

はんぶんこ

今日はいちにち、すごい雨降り。


関西帰ったり、
急な仕事で、いつもよりがんばったり、
なんだかすこしだけ、いそがしい2週間でした。
金曜の夜、
一週間、おわった、ありがとう、
って、お線香にひをつける。


帰りが遅くなって、
待ってましたのビール。
あれから、
朝のコーヒーと、夜のビール、
まいにちです。


ビールは「はんぶんこ」って言ってお供えします。
色違いおそろいで愛用してた陶器のビアカップ、
350ミリ缶がぴったりはんぶんでした。
いまは、私は残りの缶。


ほんとは、
ごはんの支度がほぼできたってころに、
キッチンで仕上げしてるわたしに、
「ビール飲もか」って夫くんが言う。
このタイミングでビール飲むのが、おいしいの。


いつも、なんでも、
「はんぶんこ」って、
夫くんがはんぶんこにしてくれてました。


いまのわたしのは、
その口まねです


おちこんでるときは、
はんぶんこっていうと、
泣けます。


わたしは、
夫くんとまた会って、
またずっといっしょにいる気まんまんです。


それまで、かんばろう。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ