« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

おてらへ

実家のちかくには、わりと有名な大きなお寺があります。
ひさしぶりに母とそのお寺までお散歩しました。


境内はきれいに掃き清められてて、
池に、睡蓮が咲いてて、
ここちいい風が吹いてて、
気持ちよかったです。


そのお寺はわりと積極的にイベントとかしていて、
母は、落語の会に行っているし、
写経体験もいっかい行ったことあるみたい。


ヨガと瞑想の会っていうポスターも見たそうです。
近くだったら、すこし興味あるかな。


夫が亡くなるまでは、
お寺か、神社かでいうと、
神社のほうが、厳かな気持ちになれるような気がしてたかな。。
パワースポットというか。


私たちは結婚式も京都の神社でしたので、
初詣は必ず毎年そこにお参りしてました。


夫と観光で伊勢神宮行ったのも特別な思い出。
すごーく気持ちよかったな。


でも、いまは、お寺のほうが、落ち着く感じがします。
仏教に興味を持つようになったからかな。
パワースポットにひたるには、気力が足りないような気もするし ^^;


喪中のあいだは、神社にお参りしちゃいけないなんて思っていたので、
んなら、もうずぅと行けんわ、とか思ってた時期もあったからかな。


でも母とお寺のあと、近くの天神さんまでお散歩の続きして、
甥が勉強がんばりますように、と神だのみしました^^。

2015年6月28日 (日)

おうどん

大阪で、ちょうどお昼だったので、なにか食べようと思い、
地下鉄を梅田でおりたら、
自分がどこにいるのか、見当もつかなかった。
駅の案内地図を見ても、ピンとこなかった。


びっくりした。。
浦島太郎状態だった。。


少なくとも5年は行ってないけど、
それにしても、ね。


私は大阪で働いていたけど、
大阪には住んだことも働いたこともない夫に、
いろんなところ連れていってもらった。
大阪すきだったねえ。


思い出で感傷にひたれないぐらい、
様変わりしちゃった地下街を迷い歩いて、
ようやく、念願の「おうどん」を食べました。
おいしかったーー。


わたしは、東京も、今住んでいるところも好きだけれど、
最近妙に、おうどん、が食べたくって。
東京のでも、
さぬきうどんでも、ない、
関西のおうどん。


関西にいるときは、
おうどんは、フツウすぎて、
おそばや、讃岐うどんを、選んでいたのに、
郷愁ですね。


▫️▫️▫️


実家に帰って、母と話していて、
甥のこと、弟のこと。


甥は、弟をイライラさせるぐらい、
マイペースで、おおらか。(だらしない^^;)

だけど、頭ごなしに怒るだけじゃ、、、
怒ったまま、シャットアウトされても、、
何も変わらない、
みんな、しんどい、


そう思うのは、
私が「おば」で、
「あまい」し、
なにもできないのに、能力もないのに、
余計なくびを突っ込んでしまったから。
自覚してます。


「でも、◯◯(←わたし)も、自分のこどもがいたら、
教育ママになってたような気がするけどね」
と、母に言われました。


わたしは、
親には、なれなかったからね。


わたしは、それほど、
こどもがほしい!という願望が強くなかった。
結婚できないかもな、って思ってたぐらいだったので。


それなのに、人生のご褒美みたいな夫くんとの毎日。
めっちゃ楽しい結婚生活で、幸せでした。


夫が亡くなってから、
こどもがいたらな、、って思う、
夫くんのこどもがいたら、どんなにうれしいかなって、、思う、
バカです。


まじめに、
せいじつに過ごそう。
それしか、できないからな。

2015年6月22日 (月)

ゆか

週末、関西に帰省しました。
実家と夫実家のお墓参り。


お盆もお正月も帰っていないし、
義母の誕生日が来月なのもあって、
去年も一昨年も、初夏のこのころに
義実家お邪魔しています。


義兄嫁が「Tくんこないだ誕生日やったねえ」
義母「いくつになったかなあ」


なんて、
(「生きてたら」なんてなしで)
自然に年を増やしていってくれてて、
私と同じだ、うれしかったです。


夜は祇園の、床に連れていってくれました。
鴨川沿いのテラスで、オープンエアで、
美味しい和食をいただきました。


水が流れる音が気持ちよくて、
川風も、サラサラな感じがして、
想像以上に気持ちよかったです。


「私、床はじめてです」って言ったら、
義母に「エーッ」って驚かれました。
もちろん夫と、いつか行こうねって言ってたけど、
機会がありませんでした。


神戸も、京都も、なつかしくて、
きれいでいい町だとすなおに思えるようにはなったけど、
だけど、やっぱりいろんなこと考えちゃうし、
切なかったりします。

2015年6月16日 (火)

初心

だいぶ低空飛行してましたが、
すこし落ち着いてきました。


中2の甥の、中間テストの結果は、
あんまり、満足できたものじゃなく、
なのに本人、反省も奮起もなさそうなご様子。
どうしてなのかしら。^^;。


それでも1年前に比べると、
ずいぶん意識は変わったと思う。
夏休みぐらいから塾の夏期講習に
通ったりするのもいいかもね、って、
弟もすこしは考えているようです。


すんなりいけば、いいな。


夫が亡くなったことや、
義妹が抗ガン剤で闘病していたときは、
へんなところに、腹が据わってしまって、
ほかのすべてのことがちっぽけに感じた。
あんな出来事は、ほんとうに次元がちがう。


いまは、クヨクヨ考えてると言っても、
弟の癇癪だとか、甥の勉強、だとか。
人のことなんて思い通りにならないのに、
みんなバラバラに、イライラしてるから。
それを私ひとりの時間もずーと引きずってしまう。


こんなの、生きてさえいれば、
すぎてしまえば、
笑えるような、くだらないことだな。


甥の様子をみてて、
去年の今頃の自分の日記も読み返すと、
大切なのは「初心」だなあって思います。

2015年6月11日 (木)

誕生日

今日は夫くんの誕生日。
ハワイのビールを昨晩もお供えしたけど、
今日はケーキも買って帰ろう。


今年はなんだかすごく落ち込んでるなあと思ってたけど、
日記を見直したら去年も同じようなこと言ってました。


誕生日は、いま思えば、私にとっては
一年でいちばんのイベントでした。


だって、他のことはぜんぶ
夫くんが私にしてくれることばかりで、


わたしがぜんぶプレゼントするのは、
誕生日だけだったから。


プレゼントいっしょに選んだり、
近い週末にはちょっと贅沢なお店で食事したり、
当日はおうちごはん。


いまは少しちゅうぶらりんだけど、
ひとりなので、仕方ない、
がんばります。


喜んでもらいたくて、
なにかをしてあげたい、
って気持ちが、
いちばん幸せな気持ちのような気がします。

2015年6月 9日 (火)

ズブズブ^^;

沈んでいくサインかな、気をつけなくちゃ。
と思ったときは、もう片足ズブズブだ、
よくわかりました。


そして、底をうつと、少しラクになる。


気づいたんだから、
がんばらないように気を付けます。


朝から一日中、涙がこらえてて。
仕事んとき、電話でお客さんに、
「早口で聞こえない、なに?」って聞き返された、


それが、「クズ、死ね」って言われてるように感じるんです。
終わってるな^^;


□□□□


昨晩、母と電話で話していて、もうたまらなくて、
すごく泣いてしまった。


そのあと、またそんな自分が、親不孝すぎて、
泣きながら寝たもんで、目が腫れすぎていた。


世の中が悲しすぎる。
みんな、いい人で、それぞれに一生懸命なのに、
なんで、こんなにすれ違うのかな。


正直いうと、
これから夏に向かうことにびくびくしています。


またしんどくなるかな、って。


夫くん、もうすぐ誕生日だよ!

2015年6月 1日 (月)

怒ってる人たち

弟がイライラしていたので、また
がっかりな週末だった。


甥が中間試験前で、私は甥と勉強する予定でしたが、
私が行ったときには、弟はベットルームにこもってて、ずっと出てこなかった。
だからなんだかよく分からないですが。


また甥のことが最初の原因だったらしいけど、
なにをそんなに怒ってイライラしているのか、
他のみんなを、こんなにイヤな気持ちにさせるほど、、
よく分からない、、、


なんかが、あるんやろうなあ。


父が、まあそういうタイプで、
私が狂ったように怒られる子供だったので、
正直、トラウマのようにイヤな記憶ばかり再現してしまいます。


甥や姪は、私とは、ちがうけれど、
大人になったときに甥や姪のきもちを想像すると、
甥も姪も、心配だし、
弟も、かわいそうではある。


私が自分でもバカみたいだと分かってるのに神経症ぎみなのと同じで、
弟にとっても、どうしようもないことなのかもしれないですね。


月曜の今朝、会社行くと、
社長と先輩が、口論になってケンカ腰、、
こっちもだ^^;


胸がドキドキしてきた。
もうイヤだ、、、


私も、またちょっと沈んでいくサインかな。
できるだけ、気づきの呼吸をしよう。
そして早く寝よう。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ