« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

未こくはく

実をいうと、私は4年半経って、まだ一度も、
「夫が亡くなったんです。」という告白をしたことがない!


それが必要な場面もなかった、、
人間関係ではすごく閉じた中で動いてきたってことですね。


死別後、1年半経ってから働き始めた今の職場も、
夫同期の紹介で、夫友人の会社だし。


幸い地元も離れてて、SNS系はきっぱりさっぱりやってないので、
「ひさしぶりに会おうよ」なんてことも、ありません。
だから、昔の知り合いに、そんな近況告白することもない。


新しい場所は、ゴルフのレッスンが初めてなのだ。


コースレッスンの申込書を書いたときに、
緊急連絡先を書いた。弟の名前と、携帯の番号。


『苗字が違いますね。。』と、言われた。


「はあ」。構えてなかったので、じつはショボン。


これまで、すこしの雑談で、ひとり暮らしなこととか、
関西出身だけど、「転勤」でこっちきて何年とか、
そんなことは話しました。


指輪は、外しています。
夫いるときから、クラブ握るときは外したりもしてたし。


どうでもいいけど、
わざわざ、言うことでも、ないし。。。


まあ、40代ともなれば、いろんな人がいる。
わたしも、いろんな人のひとり。

2015年3月23日 (月)

申し込んだ

来月、コースレッスン、申込みました。
不安7割、楽しみ3割、です。


服や小物も、あるか、使えるか、確かめないとです。4年半、放置してたので。


靴は、買おうかなあと思ってます。


レッスンのときは普通の運動靴でいいって言われて、夫とウォーキングに使ってた靴を持って行ったら、


何回目かに、ソールがべろーんとはがれちゃったから。。


くつは、ずっと使ってないの心配ですね。


おいとくと、その時間分古くなって、
劣化しちゃうんだなあって、
実感しました。。。


不安7割は、メンタル面。
初対面の人と話すのも、、^^;
人間恐怖でしんどくなったりしたらヤダな。
緊張したり気疲れしたりすると思うので。


ぜーんめんてきに頼って甘えてた、
夫くんがいないのに、
ひとりでゴルフ場に行こうだなんて、
いまさらながら、変な感じです。

2015年3月17日 (火)

お仏壇やさん

15日、月命日。
ひとりで本願寺さんに行きました。ひさしぶりに車にも乗ろうと思って。


うちのお仏壇は現代風?というのか、伝統的なのじゃなくて、具足は陶器です。
それが、今年入っていつだったかなー、お仏飯器、落として割っちゃったのです。。。


ごはんを入れるお皿は金属なので、台の部分が割れたのですが、
拾い集めて瞬間接着剤で貼り付けていまも使っています。←いいのか?^^;


それで、日曜日、お寺の横に系列のお仏壇屋さんがあるのをふと思い出して、
割れたお仏飯器が買えないか聞きに行きました。


とても感じのいい若い店員さんが調べてくれました。
「2010年に…」「大田区の…」と電話で話してる声が聞こえてきました。


そうか、引っ越す前に注文したから、大田区のときに買ったんだなあ。
正直、お仏壇買うのも、気うしないそうでした、つらかった。。
(いっそのことほんと気失いたくても、うしなえなかった、いちども。)


あのころ、思い出す。思い出すといっても、
思い出にはなってない。


あらゆる事務的なことを、感情にフタして無表情にやって、
それがあふれだすように、気が狂ったように泣いてたなあ。
泣いて苦しくて、苦しくて泣いてたなあ。


いまは毎日、ふつうに働ける。
笑って、話して、元気。


でも、さみしくて悲しいのは、続いています。


いまのわたし、こんなふうに過ごしていられるのは、

がんばれなくていい、
無理なことはたくさんある、

それでいいって思ってるからだと思う。


ゆっくり、ゆっくり、のんびり、のんびり。


メーカーさんに確認してくれたら、
お仏飯器だけ、買えるそうです。
よかった。。

2015年3月 8日 (日)

いかなご

関東にいると目にしないけど、
この時期、神戸は「いかなご」の季節。
釘煮ともいう、ちっちゃな魚の、佃煮です。
昨日、おば(父の姉)が、送ってくれました。


先週末、神戸に帰省したのは、
おばの80歳の誕生日祝いに、
おばと母と3人で、有馬温泉行ったのでした^^。


おばは、結婚せず、子供もいなかったからか、
私達、甥姪をかわいがってくれたし、
父実家にひとりでずっと住んでるので、
おばあちゃん的な、故郷みたいな存在。


夫がこれまた、おばとも親しくしてくれて、
「おばさんもいっしょに食事しよう」と快く言ってくれるし、
「神戸の古いことはおばさん聞こう」って、
かわいくて、やさしかったのです。


なのに、、なのに?
四年半前の、あのとき。
お通夜にかけつけてくれた、
おばの第一声。
「負けたらあかんで!おばちゃんもお母さんもみんな耐えてきたんやで!」


えーーー。。。て感じでした。


おばちゃんは、すこしも、かなしくないんだなって、思った。
近所の人とか、他人が、死んだみたいな、
いや、それ以下な感じ。


いまなら、
しかたないな、って思うんですけど、
お通夜のときの私には、
ちょっと、ムリだったのでした。


その後、私が病的に殻に閉じこもってからも、
おばなりに気にかけてくれて、
わたしの中で、かたくなになってた気持ちも、時間とともに、ほぐれました。


ただ、今年お正月休み、
母が、おばのお祝いの食事会をしたときは、
弟家族と妹家族の集まりで、
私は、しんどいと思って行かなかったので、
あらためて、温泉にしてもらいました。


まあ、そんなダメな、私ですが、


温泉、楽しかったな。
おばちゃんも、よろこんでくれたかな。


いかなご、ありがとう、お供えしてるよ!って電話したら、
ほんまあ、⚪️さんにもお供えしてくれてるん」って、
よろこんでくれてました。


死んだときは、悲しそうじゃなかったけど、
覚えてて、夫のこと話に出してくれます。
それで、十分ありがとうって、ほんといまは思います。

2015年3月 2日 (月)

飛行機

一泊二日の予定で、関西に帰りました。貯まってたマイル利用しようと思って、飛行機です。


関西滞在中のことは、またこんど記します。


日曜、帰りは夜8時関空の便でした。家着くのは11時前かなあ、寒いしタクシーで帰ろうかなあなんて考えてました。


飛行機は関空を少し遅れて出発、途中揺れたりはしたけど、でも、順調に羽田着く頃かなと思う頃、
機長のアナウンス。


「羽田空港近くの、海上で旋回を続けて着陸の順番を待ってましたが、まだ他にも数機が順番を待っています。」
「このままでは燃料がなくなり危険な状態になる恐れがあるため、関空に戻ります。」


え? 関空? いまから?
っていうのもびっくりだけど、
待つ燃料ないのに、帰る燃料はだいじょぶ??って思ったよ。


でも、、びっくりなのは、機内のお客さんから騒ぎはもちろん、驚きの声などもなし。
粛々と、関空に戻りました。
CAさんが飴玉やスープを頻繁に配っていたのも、印象的でした。


関空で夜明かし?
明日は新幹線?
機上で考えてもどうしようもないって分かってても、ついつい。


到着後、またびっくりでした。
夜11時。


「ホテル代として1万円出口でお渡しします。」
「明日朝、空席ございます。予約はインターネットでご自分でお願いします。」


泊まりも代替便も、自分でどうにかしてねって、さらり。
まあ仕方ない、ほんとに困る人のために人員さくべきで、
できる人は自分でお願いってことですかね。


ここでも、みんな粛々と、スマホさわってました。
私もそのひとり。


で?振替の予約てどうやんの?と思いつつ、スマホで翌朝の伊丹発を予約。
テンテコ舞いの係員さんつかまえて、予約確認してもらって、ゲートでました。


空港内の表示で、最終電車にギリギリ間に合うって分かったので、慌てて駅行って、飛び乗りました。
とりあえず、大阪市内までいける、どこか泊まれるかな。
インターネットって、スマホって、ほんと便利。当日深夜なのに、移動中にビジネスホテル予約できました。


どうなることかと思ったけど、
まったくどうもならんかった^^;
すんなり、眠れて、朝帰京。


あ、でも今朝、伊丹空港で「予約取消になってます」って言われました。空席あったから問題なく乗れたけど。
ほんとはどうしたらよかったの?ってきいたら、
振替の予約はほんとは窓口でするんですって言われました。ちょっと混乱してました。


まあ、そんなことですが、
何を、思ったかというと、


飛行機降りて、周囲の人がいっせいに、「関空もどってきてもたー」「迎えにきてくれるん?」て、電話してるの。


夫くんがいたら、私もそっこうで電話してたよね。


結果的にはたいしたトラブルではなかったけど、
いらん顛末まて、夫くんに聞いてもらって、


「⚪️ちゃん、えらい、よう冷静に動いたな」ってほめてくれてたら、
「ひひひ」
って、それだけで、ご機嫌なのに。


他の人は言ってくれないし、
言ってくれても「いえ、それほどでもございません」ってなります。
でも、夫が褒めてくれるのは、
お世辞でも、うれしいの。


夫に話したら、
たくさん、笑い話にできたのにな。


夫といっしょに乗ってたら、
きっと手をつないでもらってたと思うんだ。


あわてててましたが、
すこし、さみしかったのです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ