« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

スカイツリー

週末、関西から友人が来ました。
初めてスカイツリー、行きました。
遠くは霞んでいて、富士山とかは見えなかったけど、
ゆっくり景色みて楽しかった。


友人は昨年春、お母様を亡くしていました。
喪中ハガキもらうまで、知らなかったので、驚きました。


闘病中のお母様のご様子のことや、
看病してたときのことや、


亡くなってからも、家族とのいろいろ。
話し聞いてて、なんかいも泣きました。


考えたらつらいことを何度も思い出したり、
あのときこうしたほうがよかったと後悔したり、


そんな自分の気持ちにフタしてる、って戸惑って、


年中ものすごく忙しい職場で、いつも仕事優先で働いていたことに、疑問も感じて、と。


友人が、やさしくて、
聡明で、頼りにされちゃう人で、
そして、いつも一生懸命なことを、
もう四半世紀も知っている私は、


お母様のことも、どんなに一生懸命、
いろいろ考えて、できるだけのことをしただろうことは、
ほーんとうに、よく分かるんだけど、


でも、
いや、だからこそ、なんだと思う。
つらくて苦しいのも、なんかすごく分かるので、


そうだね、っていうだけしかできなくて、
いっぱい、いっしょに泣きました。
ときどき、泣き笑い。


展望台とか高いところから下を見ると、
ほんとにたくさんの人が暮らしてるんだなあって思います。


東京ってほんとうに、遠くまで町が続いてるねーって、
ぼーっとできました。




2015年2月19日 (木)

つかれてる

まじでつらかった、、
このままじゃダメかなと思ったりしたけど、
やや、落ち着きました。


週末、弟家族のバッドムードに巻き込まれて、
私も弟に怒鳴られました。


日常茶飯事なくだらないことだけど、
情けないことに、私はパニックっぽくなってしまい、
一人ほうほうのていで家に帰り、
帰ってからもからだ動かず、、しんどかったー。


弟たちには夫亡くなってから迷惑なぐらい世話になってて、すごく近い存在です。


でも半年ぐらい前、私が甥の勉強手伝おうと決めたときは、私なりに迷って考えたすえのことで、
オバっていう微妙な距離のものがそんなことすんのは、入りすぎだって分かってのことで、
それでも私にできることを、甥のことだけ考えてしようと思いました。
弟は、父以上の癇癪持ちなので、そのうち私自身も弟のストレスになるかもなと思ってました。


弟に怒鳴られるぐらい覚悟してたつもりだったのにパニックみたいになったことも、弟がこわいと感じ想像以上に気持ちが塞いでしまったこともショックでした。
弟が怒り散らかして怒鳴ったりしてるとこはよく見てるし、よーくよーく知っているんですけどね。


さて、
弟の癇癪は、別の問題なので、


結局、私は、疲れてたんだと思う!
ていうか、いまも疲れてる!


急に活動的になったしなあと、日記を読み返して思う。
それまで、ぜんぜん用事もなく、仕事と家の往復だけだったのに、
仕事帰りに習い事はじめて、
甥の勉強見に行って、帰りが遅い日の方が多い。


なのに帰ってからはダラダラして、
夜更かしになって、朝遅く起きて、
瞑想もできてなかった。
油断して、ネットしたり、スマホさわってばっかりだった。


習い事も、甥の勉強も、続けるんだから、
他の時間の過ごし方を、変えなきゃです。


日記には「無理だったらやめればいい」と書いていたなあと、ひとり苦笑い。
はじめたことやめるのも、むずかしい。
なにより、やめたくないです。

2015年2月15日 (日)

へんなのかな

ひとりごとの暗いブログ、「落ちてる」って書いてたなって自分で分かる。
なんとなく、すこし冷静に、客観的になれるような気がする。


手帳にも、「×」を書いてる。。。^^;


私はいまもときどき、涙があふれて出て、わあわあ泣く時がある。


ヘンなのかな。


もはや死別後だから、、というより、ビョウキかな。


ビョウキだとすると、夫が亡くなったからじゃなくて、
もともと私が持ってたいろんな問題が、
もう無理ッスって、固まって出てるん。


よくわからないことが怖くてしかたなかったり、
あほみたいにからだがこわばるときがある。
正直、床にゴロンとして、一時間ぐらい横になっていたい。
そして、そんな自分がいやでいやでしょうがない。


いつもじゃないけど、いまもときどき音でダメだってなるときある。
人の声だったり、ちょっと大きい音のBGMだったりする。
テレビも、結局、いっかいもつけてない。
まあいいかって思ってるけど、ちょっとヘンだよな。。


しょうじき、更年期障害みたいなのも
くっついてんじゃないかとも思うときもある。


目を閉じて一生懸命、深呼吸してみる。すがたは瞑想中。
でも、そういうとき奥底は、「おちつきたい」と思えてない。
「私は、悲しいと思わなあかん」やし「私は、ごめんなさいと思わなあかん」。
だって、他の人にイヤな思いをさせて、夫は死なせてしまって、
なんで自分だけ、ああ~幸せーーと思うのが、ええのか。


もう病院には行ってないけど、不安定だし、ネガティブです。
人には言ってない、さほど迷惑かけてはないと思うし。
言っても困らせる、病院いったほうがいいんじゃ、って言われるだけかな。


しょうもないなあ。
よわくて、くだらない。
平和で、幸せなのに。

2015年2月 6日 (金)

ざぜん?

ゴルフのレッスンのときに、先生が、
「ヨガとかピラティスとか、やってました?」
って、おっしゃった。
スイングとかはへたっぴだけど、
私は体幹がまあまあしっかりしているらしく、
ほめてくださったのだと思って、うれしい。


東京に来る前、ヨガにはまっていて、
教室にも通っていたので、
はあ、もうずいぶん前です、
いまは、もうやってないです、ってこたえた。


「いまは、そういうのぜんぜんやってないんですか?」
っておっしゃったので、少しかんがえてから、
「坐禅やってます^ ^」って言っちゃたら、
(瞑想っていうより、宗教ぽくなくて分かりやすいと思った^^;)
一瞬、「??」なご様子。


あ、いけんいけん、と思って、
「ヨガでも瞑想とかするんですけど、それです」
、、なに言い訳してんのか、、^^;
最初から、ヨガ瞑想っていえばよかった。
てか、ぜんぜんしてません、でいいじゃん!
話ふくらみたくないんだし。


自分が読んでる本とか、ネットだと、
瞑想や坐禅って、そんなに特別なことじゃないように感じてしまってる。
がんの手術をした友人も、術後の統合医療の先生とこでは瞑想すすめられたそうだし。
がん闘病ブログで見ることも多かったし。


でも、ふつうのひとには、
なじみないよね。まったく。


私も、以前は、そうだったもん。


むしろ、宗教か?てあやしむかも、、(宗教は宗教やけど。)
瞑想なんていうと、へたしたらオ⚪️ム?なんて、あやしむかも。
若い人は、オ⚪️ムもしらんかも^^;


いままでも、ほんの合間の雑談だけだけど、
「東京に来たのは転勤ですか?」とか
「正月帰らないんですか?」とか
(関西出身なのはすぐにバレた、、、)
適当に、はあ、、って答えてるけど、
それ以上のことは言わない。
なんか、ちょっとずつ、つもってる。
話もふくらまなくてショボン。
なんか、へんなやつ、たぶん。


いつかは、
亡くなっただんながゴルフ大好きだったんですよー
って、ふつうに言えて、
ゴルフも楽しめるようになれるといいなあ。
そのほうが、夫くんの嫁らしいよね。


知らない人ばかりだから、
いいやって思ってるけど、
上手にふつうに、でけないです。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ