« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

無意識で比べてしまう

義兄が東京出張で、義兄嫁も一緒にきて、昨夜、義兄一家とごはん食べました。
姪と甥は昨春から仕事でこっちにいます。
こんなときに声かけて混ぜてくれて、うれしいです。夫の姪と甥はフレンドリーでかわいいです。


義兄嫁って関西弁の弾丸トークでおもしろいので、みんな笑って、楽しかったです。義母の骨折事件もネタに^ ^。


みんなと駅で別れてから、楽しそうでまぶしかった義兄夫婦を思い出して、
「お義姉さん、幸せそうだなあ」と思っちゃった。


義姉は愛されキャラだ。明るくてあっけらかんとしてて。
お義兄さんと仲良しで。
子どももかわいくていい子たちで。
姪も甥も仕事がんばってるのが、義兄夫婦とも誇らしげで。
みんな、キラキラしてみえた。


うらやましいって気持ちとは違う、と思うんだけど。


人と比べない、
ひがみやねたみはキライ、
そう心から思ってるけど、
結局はそういう感情だ、なんだかイヤだなあ(自分が)。


持っている、持っていないで、幸せを図ると、
わたしはこれからずーっと、幸せじゃない人だ。


あの人にはある、私にはないって目線で見ると、前後左右どっち見たってキリがない。
もっているものも、永遠じゃない。驚くほどあっけなくなくなっちゃうんだ。


私だっていま持ってるものは十分だ。住む家も、車もある。働けているし。お金はそんなにないけど!
でも、それがあるからって幸せ感はなく。。ごめんなさい。夫に感謝しています。


幸せってなんなんだろうな。。


わたしは不幸じゃないっていうのは、ものーすごく自信があるので!
比べることもなく、ひがみやねたみもなく、幸せだと感じられるようになるって、信じています。

2014年1月27日 (月)

まだらの垣根

地元関西にいる友人から、「○○ちゃんと□□と、ひさしぶりにランチしたよー」ってメッセージ。
神戸に住んでいたころ、私も混じって会ったときのことを思い出して、
みんなの近況報告や、好きな有名人の追っかけの話とか、
わあわあと騒いで、笑ったり、つっこんだり、、、そんなこと想像しました。


わたしは、いいかな。まだ、というより、もう? いいかな。しんどいな。。
って、思っちゃった。


日常、笑ったり、話したり、平静に過ごせるようになって。
白状なぐらい、ふつうに生活しています。


でも、キャーキャー、ワーワー、騒ぎたいとはすこしも思えない。
前の私とは、まだだいぶ違うんだよな~、って気づきます。


人ぎらいも、年季が入って、もうそれが標準です。
いまの、ほとんど人と会わない職場と家との往復が、安穏。


「人ぎらいで~」なんて自分から選ぶまでもなく、ほぼ忘れさられてるし^^ 
安堵と諦めとの混じった、不思議な気持ちです。
自分が思うほど、他人は自分のことよくもわるくも気にしていないですね。
これは真実ですね。


□□□


でも、ふと、気づいてしまいました。


義兄嫁の話なら、
海外旅行の報告も、好きな韓流スターのことも、
わたしも興奮して相槌!とはいかないけれど、うんうんって聞けます。


夫同期の人の飲み会によんでもらっても、
みんなの近況報告とか、笑い話とか、
ニコニコ聞けるのです。


おなじような状況でも、
気をつかう相手なら、だいじょうぶ、なんだな・・・
そうやって、3年半過ごしてきたんだな。


へんちくりんな、まだらもようの、垣根を作っているようです。


無意識で、ほんとにわがままに生きてるんだなあって、
気づいてしまいました^^;

2014年1月23日 (木)

いま・ここ

最近、冥想がまた気持ちいいです。


こういうときはブログにメモしてるので、去年の11月末以来のようです。。
ということは、一か月半ぐらい、沈んでたのかな。
精神的に低空飛行だなって思うときも、ただただ続けています。
そうそう、低空飛行だなって思うときも、一日一秒一秒過ごしていくしかないです。


このごろ気持ちがいいのは、「いま・ここ」の感覚にとてもストンとおちるときがあるから。
いつもそんな精神状態でいられたらいいのだけど。


もうひとつは、先日の座禅体験でお話のあった
「呼吸と一体になる」を言い聞かせている感じです。


低空飛行なときって、とにかくネガティブ。


先日、新聞土曜版にのっていた宇宙飛行士の野口さんのコラム(談)、

「ストレスが高じると、仕事を辞めたいとか、クラスメートみんな嫌いとか、
すべて否定したくなることもあるでしょう。
けれど、みんな嫌いなんてことは絶対にないわけです。」

あ~、それです、って思いました。
私はいつも全否定モードに陥ります。ついでに、全力で自己否定。


野口さんコラムによると:
ストレスの対処は、原因と、周りの状況をしっかり把握すること、
自分が何に適応できていないか突き詰めて考えること、


あがると、おちるからな。
あがるっていっても、笑ったり、わくわくしたりしてるわけじゃないんですが。
起伏が、しんどいです。

2014年1月19日 (日)

坐禅体験

ひさしぶりの坐禅体験に参加してきました。


冥想は、毎日ひとりでしているけれど、
同じ空間で、同じ時間に、同じように座っている人がいるっていうだけで、
ちょっと背筋がのびるようなするから不思議です。
お坊さんのおはなし聞けるのも、リセットになってうれしいです。


こういう会にあまり抵抗なく参加できるのは、日本がこんなんだけど仏教国だから、、、
社会的になじみのない宗教だと、新興宗教?カルト?などとまずナナメから見ちゃうだろうなと思うので、
こんなんだけど仏教国にうまれてよかった・・・と思います。


□□□□


座禅体験できるセンターは、ぐうぜんですが、夫が卒業した小学校のとなりにあります。


東京に来てから、「(夫が)昔住んでた家を見に行こう!」ってウォーキングで歩いてきて、
お寺の前通ったとき、夫はすごく懐かしがっていました。


このセンターに来るのは3回目ですが、
夫が住んでたマンションは次の路地入ったところだけど、行っていません。


行こうかな?ってふと思ったけれど、
今日は心を鎮めるために来てるのだもの、
まだ無理だなって思いました。


夫は父親の仕事の関係で、小学校卒業と中学校入学をはさむ1年半だけ東京にいました。


大人になって、自分の仕事の転勤で、わたしといっしょに東京にきて、
1年と9か月で亡くなってしまいました。


夫が東京にいた時間が、2度とも2年足らず、あまりに短かったことに気づき、
背筋がすーーと寒くなって、
楽しそうだった夫のことを思い、
ひどいな、、って思いました。

2014年1月15日 (水)

義母が骨折した

先週末、義母が転んで、右手首を骨折したそうです。


9年前にも、雪の朝に坂道で転んで、左手首を骨折しました。そんときはほんと大騒ぎでした。


だから義兄夫婦からも、雪道を不用意に歩かないように、気をつけて、と散々言ってたらしく。私も12月に会ったとき「気をつけてくださいね〜」って言いました。義母って77歳なのにいつでもどこでも小走りする人なのです。


んで今回は、習慣にしている朝の散歩に出て、凍結してる路面ですべって転んだらしい。なぜ凍てつく朝の五時半に、懐中電灯持ってまで散歩に行くか…と義姉は呆れてプンプンでした。「私も放ってるから気にせんでいいよ!」と。


夫がいたらすぐお見舞いに帰るだろうなあ、と思いますが。いい嫁ぶりっこもどうかといつも考えます。とりあえず簡単に食べられそうなものを送りました。


義母とは電話で話して「自分でも呆れてる、ものすごく怒られたー」って元気そうだったけど。利き手が使えないし、痛いだろうし、かわいそうですね。
そして「放ってる」とは言ってたけど、同居する義姉にはなにかと負担がかかってるはずで。。


9年前のときは「骨折した!」っていろんな人に電話して、お見舞いしてもらってたけど、今回はあんまり言い回ってないらしい(義姉談)。あのときは夫がちょうど京都勤務の頃で、私もすこし家事手伝いに行ったり、夫も会社帰りに寄ったりして、、。骨折は大変そうだったけど義母楽しそうだった^^;。あのときとずいぶんちがうなって実感するとさみしくて心細いかなって思います…(義母の思考回路は私には理解不能なので、あくまで私の想像ですが)。


夫くん、心配してるよな。夫くんがいないと、私はどんなふうにしたらいいか、わかんないよ。

2014年1月14日 (火)

新しいパソコン

年末からパソコンが新しくなりました。Windows8というやつです。


今まで使っていたのはネットブックというちっちゃなノートでした。夫が持ち歩きに便利なようにと、秋葉原のヨドバシで気軽に買ったものでした(お値段が相当気軽でした!)。家のメインPCはデスクトップだったので、ノートがほしいよね、って言ってたのです。でも、ふたりともiPhoneを持つようになってから、パソコンの使用頻度は減ったかな。。


夫が亡くなって転居してから、デスクトップは配線もしていなくて、ネットブックだけで、なにかと不便なことはあったけれど、だいじょうぶでした。。


そのネットブックが、ちょいちょいちょい不調になって、、
XPのサポートも終わるし、ぶっこわれる前に移行しておきたいたほうがいいな、と、
思い始めたら、そのことであたまがいっぱい。


弟んちのパソコンも年季が入ってて、そうとう調子悪いの知ってたので、
「いっしょに買ったら安くなるかな??」って、なにげなく話してみたら、


弟が電器屋さんであれよあれよというまに機種決めて、値切り交渉までしてくれて、
同じノートパソコンを3000円ずつ値引きしてもらいました^^。
ラクチンだった・・・自分ではなかなか決められないから。


夫との買い物も、夫が「これにしよ!」っていつも即決だった。。。
私はなにかとじっくり比較検討するタイプなので、
えっ!?決めちゃうの??比べないの??って思ったけど、
そんな買い物、好きだった。。


夫が亡くなって、
ほしいものも、したいこともなくなったので、
パソコンだってなんだって、そのままがいいと思っていたけれど、
結局、携帯も昨夏に替えてしまい、パソコンも新しくなってしまいました。


前のパソコンも、夫のiphoneも、ずっとおいています。
機械としての役割は終わってしまったのかもしれないけど、
置いとくほうが、安心感があります。


実家には、父が生前使っていたもう使えそうもない古い古いノートパソコンが、母の書棚に鎮座しています。
私がいぜん、お母さんもパソコン買ったら、ネット便利だよって言ってたときは、
『もう使えない父のパソコン…』って思ってた。ちょっと痛々しくて、私も苦しかった。


でも、いまはあれがいいんだと思う。パソコンとして使えなくてもいいんだと思う。
父のノートパソコンは、いつまでもあそこにおいてあってほしいって、いまは思う。


2014年1月 7日 (火)

おしごとはじめ

今日は、つかれましたーー
お休み中、ほとんど人と話していなかったからかな。


すごく寒かったので、お昼ごはんは大好きな中華料理屋さんに行って、
酸辣湯麺を食べました。


小さな町の中華料理やさんなんですが、
私が東京に来て初めて「好き^^」って思った中華そばのお店です。
夫に教えてあげたいって、来るたびに思います。
夫もたぶん好きだと思う!


二人で住んでたところから駅3つだし、
お休みの日の「ランチ対決」にぴったりだったはず。
(なんで対決なんだかよくわからないんですが、夫が言い出したのです)。


お散歩にちょうどいい距離を歩いて、
一口ビール飲んじゃうのが、「ランチ対決」の定番でした。。


□□□□


会社は、社長、先輩、私の、3人きりの個人経営の事務所で、
新年だからと特別ななにかがあるわけでもなく、
電話もメールも少なくて、のんびりした一日。


年末に義母が送ってくれたお漬物、
社長に無理やり持って帰ってもらって恐縮だったんだけど、
「おいしいかったなあ」って言ってくれました。


そんなこともうれしかったお仕事はじめでした。

2014年1月 6日 (月)

しずかに、ふかく

今日でお正月休みも終わり、弟家族を新横浜駅まで迎えに行きました。
甥も姪も「楽しかったーー!」って言ってた。
弟は高校の同窓会もあって、いろいろ満喫?したみたい。
義妹は、疲れただろうなあと思います。


昨日の日記の「夫婦は特別なんだ」と感じたことの気づきですが、


夫はいつも体温感じるぐらいそばにいてくれて、
そういう意味では隣にいてくれましたが、


気持ちの中では、私は夫の背中を見て歩いている安心感に守られていました。


だから、これからわたしが、なにか感じて、どこかへあるくとき、
いつも夫の背中に向かっていくんだと、感じました。


だから、だいじょうぶ。


私はいつもフラフラと自信がないので、
「いつまでもうじうじしていてはいけない」
「自分の人生を大切にしなければ」
みたいなことを言われて、すごく影響されていました。


死別のブログやツイッターで読んでいた人が、
「大切な人ができた」な記事も多くなり、
そんなこととも、比べてしまっていました。


でも、だいじょうぶ。
しずかに、ふかく、自分をみつめると、
いつも夫の背中に向かっている。

2014年1月 5日 (日)

心の底から。

ほとんど誰とも会話せず、とっても静かなお休みでした。


瞑想も時間をとって、たっぷりして、
静かに深く沈んでいけたのは、すごくひさしぶりのような気がしました。


そのせいかどうかわからないけれど、瞑想のおわりに、とうとつに、

「夫婦は、とっても特別なんだ!すごく深い縁なんだ!」

ってことばがあたまの中に聞こえてきました。


いままでもとうぜん、そう思っていましたが、
こんなに心の底から、「感じる」ことができて、うれしかった。
夫の声?って思いました。


わたしが思いたいままに、夫のことを考えればいいんだ。
なにも気にせず。自信をもって。
だれかと比べず。堂々と。


思いだすとつらいことも、自分が嫌な部分も、
どうしても苦しい罪の意識も、
すこしずつ溶かしていって、
ほんとうにたっぷり、ぜんぶで、
幸せな気持ちになりたいな。
だって、私にはたったひとり特別な夫がいるんだから。


その夜は、夢うつつで、隣に寝息が聞こえたような気がしました。
とっても安心して、よかったと感じた、夢でした。

2014年1月 1日 (水)

おぞうに

この一年が、すべての人にとっていい年でありますように。


去年にひきつづき、おぞうにを作り、お供えしました。
夫は「おモチ2コ」っていうだろうけれど、おさがりをいただくのは私なので、、
おもちはひとつずつ、ごめんね、でした。


わたしが夫のためにおぞうにを作ったことはなかったです。
年末年始は夫実家→私の実家をはしごしていたので。


義母の両親は東京出身で(義母は朝鮮生まれ、引揚げて広島育ちです)、
お雑煮は「すまし仕立て」でかまぼことかお煮しめみたいなのが載っていた。


結婚して3年目ぐらいだったかな、夫が急に「白味噌雑煮にしよう」と鶴の一声。
そして、夫が作った!
義兄もよろこんだ!
それから毎年、夫監修の白味噌お雑煮でしたが、
夫が亡くなってからは義母どうしてるのかな・・・・。


10月とかになると、義母はもうお正月のことばかり言ってた。
ことしは何日に帰ってきますか?とか
おもちいくつ食べますか?とか
年賀状の準備とか。


この年末、義母に電話したら、「お正月ひとりやし!」ってなんども言ってた。
義兄夫婦は、出かけるらしい。


わたしもひとりだったけれど、
今日は家から一歩もでず、とても静かだった。


夫がいなくなったら、義母も、私も、お正月まったく変わっちゃった。
夫の存在は、今年もでっかいよ。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ