« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

写真のちから

週末、友だちと小旅行しました。
わたしにとって、いろんな意味で特別な「旅」です。
とても楽しかった。
またちょっとずつ日記に書きたいです。


□□□


夫が亡くなって以来、写真を撮ることがほとんどなくなりました。
以前は、普段からスマホで撮りまくっていたし、
旅行のときはデジカメ。見たら、あとで楽しいから。


でも、撮らなくなりました。
特に、自分の写真は…いらないなあ。


5月に伯母と母と上海に行ったときは、
私が撮らなきゃ記念写真が残りそうにないメンバーだったので、
母のデジカメあずかって、「ハイ、撮るよ~」って。
(あんまりセンスないので…^^;、大事な場面では申し訳なかった。)


今回の旅は。


またカメラのこと、忘れていて。
友だちが普通に写真撮ろうって、ちゃんとカメラ出してるのに。
「あ~私スマホしかないや」って。


でも、帰ってきて、
いまパソコンで写真見直していて、
やっぱり「楽しかったな」って写真見て思うんですよね。


ネットで友だちにアルバム共有しようと思って、
ついつい、今までアップしていた古いアルバムも見てしまい、


ハワイでの、若い夫の写真。
楽しそうな私。


夫、とってもかわいい。
わたし、とてつもなく、幸せそう。
ほんとに、幸せだった。


写真、見なくても、いつもそう思ってるけど、
写真、見ると、  とてもリアルに、幸せだったなあって思います。

2013年7月24日 (水)

がんばってる

わたし、がんばってます。


まいにち、気分をなるべく平たく保って、仕事にいく。
ときどきは、泣きながら眠るけど、
なるべく弱音は、はかないように。


そんな自分をたもつためなのか、
あるいは、自分を守るためなのか、
不要不急のことなら、ひとりの時間を優先します。


善意にも、疲れるとき、あるから。
善意だと思うほど、がまんしてあとあとしんどいから。


ゆっくり呼吸し、瞑想する時間。
しずかに本を読む時間。


もう、いくら悲しんだって、くるしんだって、夫は帰ってこない。
普通に暮らしていくんだから、
明るくって、前向きになろうと、なぜしない。
まえのように、なぜふるまえない。


仕事があって、家があって、生活はそれなりに安定していて、
いえ、夫のおかげで、、暮らせているだけ。
なにを、がんばってるっていうのか。


子育てや仕事でそれどころじゃない同世代からすると、
もう、じゅうぶんな時間がすぎた。
『がんばってる』なんて、だれも、おもわないですね、


それが、配偶者との死別、なのかな、
たったひとりの、たいせつな人がいないと、もがく毎日。


でも、がんばってる、
がんばってる、


2013年7月20日 (土)

ひとのおもい

夫同期の方が、飲み会によんでくださいました。
もうそんなに気を使って夫のこと話題にするでもなく、
でももちろんときどきは夫も登場して、
楽しい飲み会でした。
夫くん、ありがとう。


この日、隣に座っていたSさんは、奥様をがんで6年前に亡くされたかたで、
ほんの少しですが、9月の命日のこと、お墓のことを、Sさんにだけ聞いてもらえました。


・・・
あせることないって。
うちの嫁はんのときおれにアドバイスくれた先輩は、
7年たってまだ持ってるていうてたんやで。
・・・


もちろんそれぞれのご事情があって、気持ちがあります。
Sさんご自身は、一周忌のときにご自分の実家のお墓に納骨されました。
「嫁はんが、いちばんいややっていうてたこと、してもた気がするねん」
って笑いながら。


でもSさんや息子さんと同じお墓だ、それがなによりですよね。


◻◻◻◻


先月、
夫祖父の後妻さんのお位牌、お骨を持って帰らされた、と
義母、義姉が騒ぐのをきいて、
http://tsu-525.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-7cf6.html

私は私で、じぶんの最期どうしようと、ひとり悩んでわけわからなくなっていたのですが。


先週、東京にひとりで住む伯母(義母の姉)とふたりで食事しました。
おばもそのお葬式に参列してたので、そのお話もでました。
(女姉妹だけで、養子を迎えた義母があととりなのです、、よくわかんないけど。)


義母、義姉の話からは、
納骨も供養もぜんぶそちらでやってくれと、
お身内から押し付けられたんだと、私は思っていました。
(それで私は、お身内の事情もいろいろなんだ!と気づき悩みました。)


けれど、伯母はあっけらかんと、
「夫婦なんだから同じ墓にいれてやってくれっていってさ」と。
自分たちもおじいさんにお世話になった思い出話して、と。


「押し付けた」というより「夫婦いっしょにしてやってくれ」って、
伯母はそんな感じで話していました。


後妻さんのお骨は、結局納骨堂に納める話になっているようなので
「それだと結局お父さんと同じ墓じゃないじゃん、私はどうでもいいけど」
・・・私「そうですね」苦笑・・・


なんか、、ためいき、でした。
ひとのはなしって、ここまでちがってしまうのか。
そのばにいたって。
もちろんわたしも。


面と向かって話していても、
相手の思っていることは、どれぐらい、
受けとめられているんだろう。


伯母が20代のころに家を離れて単身上京したのは、
祖父とその後妻さんが理由でもあります。
半世紀以上前の話です、簡単な気持ちでできたことじゃないと思います。


伯母は、
「過去のことと割り切ったつもりだったけど、いろいろ思い出して一月ほど落ち込んでいたのよ」
と、話していました。。。

2013年7月17日 (水)

夫号、点検

今朝、車を点検に出してきました。
担当してくれた人が初めて見る人で、
「この1年で走行距離1000キロほどですね、急に落ちられたんですね」
って言われました。


車大好きの夫と、ドライブ大好きな私、だったので、、
1年に15000~20000キロぐらい走っていて、
前の車も、その前の車も、
下取りのときは距離乗り過ぎって言われるほどでした。


でも、車乗ると泣いちゃうし。
神経がまいっていたからか、ハンドル握る手に汗、目が速度についてけないし、動悸もしてあぶないし。
ムリしてはいけないと、ほとんど乗れていませんでした。


そろそろ、夫号、乗ろう。
大事にしよう。
少し、そう思っています。


車の中は、夫の運転用メガネ、夫が残してったミント、
夫が使ってたガソリンスタンドのカード、
お気に入りだったCDたち、、


シートの位置メモリは、
<1>が夫で、<2>が私。


夫が亡くなって以来、
弟がときどき運転してくれたのだけど、


メモリ消えたらイヤだからメモリボタン押さないでね、
ああ、でも、消えたって、たいしたことでもないんだけどね、


なんていう私に、


それは消えたらいやでしょ、って


そんなこと言ってくれるのは、弟だけです。

2013年7月15日 (月)

7月連休

お盆でした。
私たち夫婦は関西出身で、お盆といえば8月です。


だから、東京のお盆を眺めながら、
ああ、もう来月はお盆だな~と思います。


3年前のお盆休み、
神戸に帰省して、
私の兄弟家族みんなが集まって、
中華料理屋さんで楽しく盛り上がって、
その2週間後に、、夫が突然倒れました。


同じ季節がめぐってくるからといって、
あの衝撃が、
頭の中が真っ白になるようなあの日々が、
またやってくるわけではないのに。


ほんの少しの心の揺れで、また胸が苦しくなって、
いろんなことを追体験しているようです。


いたみや苦しみが、すごくリアルに思い出されてしまい、
自分でも正直、へこみます。


それでも、
去年に比べると、たぶん、ずっとずっと、ましかな。


去年は、神経症的な症状にもこまっていて、
ダマシダマシ、だったような気がします。
人の話も理解できないし、耳やのどに異物感があって、
ずっと緊張して、手指に力が入らないし、
仕事時間、しんどかったよな。。。


今は、
しんどいんだ・・・
かなしいんだ・・・
ないちゃうんだ・・・
なんてグチや弱音も、もう言えないし、


言わないでも、がんばれてる。
人に言わないために、ひとりのときに泣いてる。


くずれないように、立てるように。
だけど、まだ悲しいんだから、
ひとりのときには、泣いたらいいと思う。
だめだめでいいと思う。
だめだめの自分でいんだよって、私が分かってる。


夏、しんどいです。
夏は、夫くん、ウキウキだったのにね。。
大好きな季節です。

2013年7月 6日 (土)

食生活

夫と私の最大の共通点は「食べること」「飲むこと」。
好き嫌いなくて、なんでもいっぱい食べるとこが好き!って言ってくれてた。


ずっと一緒にいて好みも分かってるからだけど、
食事に行っても、夫が選ぶものがぜんぶ私の食べたいものだから、
ものすご~くラクちんだった。。。


そんな結果、
夫も、私も、ぽっちゃりしていました。。。


夫はよく「はんぶんこ」って言ってましたが、
あの体格差で同量飲み食いしてたのだから、
私、、結構すごいです。


□□□


夫の死後、体重が急に減りました。
なにより、食べることに興味がなくなりました。
おなかすかなくなりました。
食べることに罪悪感感じました。
(でも、飲むのはへっちゃらでした…自分勝手…)


でも、いつからかな~、おいしいなあってちゃんと思えるようになりました。


最近、食生活をちょっと反省しています。


体調がよくないのは、精神的なものや、月のめぐりもあろうけれど、
食事って、だいぶ影響するのでは?と気づき。


体調がよくないと、不安感が増幅…。
しんどい。。。


逆に、精神的に落ち着かないときも、
呼吸あさく、お腹にもきます。


カロリーや栄養素の問題じゃなくて、
食事にちゃんと向き合えてないのが問題かも。
湯せんやチンでできたごはんに、ちょっと疲れてきちゃった。


お昼はいつも一人、ファストフードだったんだけど、
最近、作りたてのランチを選んでます。
職場の近くには東京下町の商店街。
いろんなお店があって、助かってます。


かわいいおばちゃん、おっちゃんがやってるちっちゃなお店がたくさんあります。
「おいしいな~」って思います。


夫も好きだろな~って、思ってます。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ