« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

座禅体験

「座禅体験」に行ってきました。臨済宗のお寺の隣にある禅センターという施設で、エアコンもきいているし、カーペットの上で行う、、初心者向けのものです。


若いお坊さんが指導してくれて、やり方を説明していただいてから、10分、15分、20分と、3回の座禅を体験しました。


瞑想と、同じところは、
体を整えて、呼吸に集中して、心を整えること(調身→調息→調心)。
この順序は、間違いないですね。そして、繰り返し実践すること。


違うところは、

目を閉じないこと ・・・ 目を閉じたほうが雑念がたくさん入るから。目が乾きそうで、あせりました(まばたきOKななんですが、慣れなくて--)

手をおへその下あたりにキープすること ・・・ 両手でおまんじゅうみたいな形を作ってキープです。瞑想のときは手は脚の上に置きます。背骨をキープしたら後は力を抜くので、腕、疲れました。ちょっと筋肉痛なぐらい。

体の緊張感、動いてもいいこと ・・・ 半跏趺坐(はんかくふざ)ですが、なるべく脚をがっちりとしめることで、緊張感も生まれるということでした。背筋、首筋など、姿勢は途中で崩れていないか確認するためには、動いてもいいのだそうです(むしろ動いてください、って感じでした)。


□□□


平日のお昼ということもあり、10人程度の参加者で、指導の若いお坊さんも和やかでフレンドリーで、
「呼吸でキレイになる」なんて本読んで興味を持った若いおねえちゃんたちもOKかなって思いましたが、


座禅自体は、、瞑想より厳しいというか、マッチョというか、、なんとなくですが、そんな印象です。


また参加できる日には、行ってみたいなあって思っています。


□□□


初期仏教の初心者瞑想指導に行ったのは、一昨年、夫が亡くなって2ヶ月ぐらい。藁にもすがる思いでネットで検索していて、この座禅体験もみつけていました。


あのときは対人恐怖がひどくて、少人数っぽいことと最後に茶礼があることで尻込みしていました。それと、一連の法事に疲れきっていて、日本のお寺、仏教に不信感ガンガン強かったこともあり。


すなおに行ってみようって思えたのは、気持ちの変化というか、おちつきを実感します。


その禅センターって、夫が卒業した小学校の隣にあるんです。ほんとの偶然ですが、うれしい偶然です。


2013年1月19日 (土)

冬の朝

とけずに残った雪が、ピキピキに凍っています。
お天気が続いているのに、日中も気温が低いんだなあ。


こうして、ようやく、ほんとの「冬」を実感するころ、
近くの雑木林を通ると、、なんだか「春待ち」な気配がするのが、不思議です。


とても寒くって、朝、おふとんから出る時間が少しずつ遅くなってしまい、
朝、瞑想できない日が多いです。。。
いかんいかん、、と思いつつ。


□□□


私が教えてもらった瞑想では、背骨を軸に座り、頭の上のほうから、徐々に「力を抜く」のですが、


最近は、力を抜くと、自分の体の重みが感じられるような気がします。


顔の筋肉なんかはいつまでも力が入っていて、
「あ~、私の顔って、重力に逆らって、けなげに筋肉つかって、がんばってるんだなあ~」って思います。


見てくれはどうでもいいので、顔もできたら、だら~んとしたいです。
これが、なかなか、むずかしいです。


素直に地面に重みをゆだねられたような気持ちがすると、
とても落ち着けるように思います


□□□


朝の信号待ちや、駅での待ち時間に、
身体の重みを感じて、
ほっぺたに、空気のつめたさをじっくり感じたりします。


瞑想もできずに、あわてて家出てるけど、、
すこしだけ、落ち着きます。


2013年1月15日 (火)

音はなにか特別

今日は月命日でした。
特別なことはなにもしないけれど、どうしても日ニチには目がいってしまいます。


お昼休みに、ハンバーガー屋さんでかかったBGMが、
はっとするほどなつかしくて、涙ぐんでしまいました。


とくに、夫との思い出のある曲じゃなくて、
私が好きで、車の中とかでヘビロテで聴いていた曲でした。


え?この曲なの?つぼ?。。。って涙ぐみながらハンバーガー食べました。


ブログにも書いたことがあるけれど、
夫が亡くなってから、しばらく「音」が異常に苦手になってしまい、
いまも、たまにですが調子の悪いときは、騒々しいお店から逃げ出したくなるときがあります。


キライな音なら、騒々しいのが苦手、、
好きな音楽や詩は、気持ちがあふれだしてしまうのが恐い、、
ぜんぜん別のふたつの理由で、ひとりのときは音をさけています。無音生活。。


でも、お店でかかるBGMや、人のいるところでは、
騒音でも思い出の曲でも、平気になったかなと思っていたので、
今日は、不意打ちで、おどろいた。


夫がよくカラオケで歌っていた曲も、職場で流れる分には、平気なんですけどね。


かかるとずっと聴いてしまうから、
平気っていうのとは、違うかな。

2013年1月14日 (月)

大雪でした

今日は、大雪。


弟んちで子どもたちと三人で過ごしていて、わたしの不注意から車を立ち往生させてしまいました。


わたしたちに事故やケガはないけど、車は立ち往生しているので、二次災害がこわいです。
雪が解けるまで待つしかなく、JAFの人に相談して、できることはしたつもりですが、
いまいえに帰ってきて、
どっと、つかれた~。


ごめんなさい、夫号。


ほんと、後悔。いや、反省。
人の命にかかわる事態に比べると、
小さな日常の反省です。
夫のことから、そう思うこと、増えました。


弟と義妹に気を使わせる結果になったことも申しわけなかったです。
「いや、ほんとまいったよ~」って笑って。「ごめんね、ごめんね」ってお互いに言って。


家に帰って、かばんおろして、ほっとしたし、どっとつかれた、、


こういうときに弱音を聞いてくれて、ブチブチと落ち込ませてくれる人が、わたしにはいないんだ。


というか、、そんな人がいてくれたんだなあ~って思い、涙が出ます。


いまさら、もう誰にも、恩返しすることはできないけれど、
甥と姪が、グズグズと泣いたときに、
親のようにはいかなくても、
せめて彼らにとっては、やさしい味方でありたいなあ~と、思いました。

2013年1月12日 (土)

おう、まいど

バイト先で。
社長が、お店の奥で携帯で話してる声がもれきこえてきて、、


妙に関西弁使ってるし。

・・・夫と電話してるときって、きっとこんな感じだったんだろうな~~・・・

なんて、夢想してました。


東京きて最初の3ヶ月ぐらい、私は仕事が激務で残業続きで、終電もめずらしくなくて、、
本社勤務になった夫は、私が帰れない、ごはん作れない~って日に、
「今日は○○(バイト先社長)におごってもーたー」って、なんどか言ってたので、


「おう、まいど」
って夫と社長の、電話のやりとりが聞こえてくるようでした。


今日の、社長の電話の相手は、、、
夫もよ~く知ってる、大学の同級生でした。


「よろしく~って言ってたで!」って。
社長が年賀状で、わたしがバイトしてること、書いてくれたらしい。


なんかね、、こうやって、夫のこと大好きだなあ~ってほっこり日常に思えるなんて、
わたしって、しあわせなやつだなあって思いました。


2013年1月 5日 (土)

おしごとはじめ

やっぱり新年のごあいさつから始まった。
「おめでとうございます」のひとことは、ちょっとばかり違和感があった。
やっぱり、わたしって、なかみはまだ喪中なんだな~って思った。


昨年お世話になったことも、平穏に年明けを迎えられたことも、
こんなにこころから思ったことないってぐらい感謝してるけど、
おめでとう!とか、ハッピーとかは、ちょっとちがうのだった。
、、必須ですか?


□□□


先輩が来週京都に出張に行くことになり、ついでに観光してきたら~って話しになった。


社長と夫は京都にある大学の同級生、、なので、社長と私とで、京都の観光地のおすすめを話し合った。


わたしがおすすめしたい京都っぽいとこ、おいしいお店、ぜ~んぶ夫に教えてもらった。
自分が行くのはつらいくせに、いろいろ思い出して話してるとき、すごく楽しかった。
きっとわたしは京都が好きなんだな~って思う。


□□□


職場のある古い門前町の商店街は、年末のほうがザワザワしていた。年明けのきょうはとっても静かだった。


年末は、いつもはガラガラの地味なお花やさんがおばあちゃんやおばちゃんの人だかりで、お正月飾りを買っていた。私が住んでる、若いファミリーの多い郊外の住宅地では、ありえない光景。


なんのゆかりもないのに、夫くんと住むことになって、夫くんも「家買いたい!」ぐらい大好きになって、夫くんがいなくなってから私がお勤めにくるようになった、古い東京の町。
なんか好きだな~って思う。

2013年1月 2日 (水)

夫号ドライブ

今年は、ちょこっとでも夫が好きだったことをしようと、お雑煮をお供えしました。


そのあと、いいお天気の空をぼんやりと眺めていて、、ふとドライブしようと思いました。


かわいそうな状態の夫号。
昨年は、車検とタイヤ交換で、相当の出費がありました。少しずつ現実感のもどってきた頭で、「そんな余裕あるのか?」って思うことあります。


、、、乗ればいいの。


行くあてもなく国道246号を、西へ西へ。


パニック状態が続いていたことも、運転から遠ざかっていた理由のひとつです。
まだ高速道路はムリだなと思い、一般道の左車線をチンタラ。


夫号、好きだ~。車乗るの、好き。


いつもは丹沢山系の向こうにあたまだけ見えてる富士山が、少しずつ左側に、でっかく見えた。


「富士山や~」
「海老名市!」「厚木市!」「なにこの駅マジ?」って、
いっぱいひとりごと。


初詣の渋滞に巻き込まれて、たいして遠くへ行ってないけど、広い横浜市内をぐるっと走ってかえってきました。


家について、ひとりで地図を反芻して、地図に泣かされて、泣きました。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ