« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

ひとりごと

前の確定申告バイトがおわった翌週から、新しいアルバイトに行きはじめました。夫の友人の職場です。私は経験も知識もなく、ほんとにありがたいことです。


でも、義妹の病気がわかり、まだ検査途中で、弟夫婦のストレスは、そばで見ているのがつらい。


アルバイト先ではその件についてまだ話していないし、まだまだ研修中という段階です


こんなに近くにいるのに、なにもできなくて、何事もないように働いてるのが、つらい。病院からの突然の呼び出しや、急な入院時に、なにも手伝えない。


状況に合わせて、すべきこと、できることを…って思ってみるけど、昨晩はあまり寝られませんでした。


私はどうしたらいいのかな。夫くん。


2012年3月23日 (金)

弱虫

ほんとうに、弱虫な私。メンタル的に落ち着きを失ってることを実感しています。
いままで、弟夫婦には、こんな弱音も吐いていたけど、ほんとそれどころじゃない。
なのに、「病院行くのつらいだろうから、行かせたくない」なんて言う弟。わたしの弱虫度なんか気づかう必要まったくないのに。


夫が亡くなってから、先の不安も、過去の後悔も、ぜんぶ自分のこころが作ってるんだって、思っています。確かなことなんて、なにもないんだって、思っています。あたまでは、いまもそう言い聞かせています。


でも、義妹のことで、どうしようもなく動揺して、不安が次から次から押し寄せて、んで、打ち消すために、一人で頭をブンブン振っています。


神様なんていないって思っているけど、やっぱり祈ってしまうし、願ってしまいます。


なんで義妹が?
なんで私みたいな、誰にも必要とされてない人じゃなくて?
変わってあげたい。


そう思ったけど、そんなこと、もちろん口にできないです。できもしないことを、安全地帯から言うみたいだ。


なんで夫だったのか。
私なんかより夫のほうが、ずっとずっと世の中に必要な人なのに。
そう思ってきたけど


夫がもし目の前にいたら、「なんで私じゃないのか。私が変わりたい。」なんて、言えないんだな、って思いました。夫くん、ごめん、って思いました。


夫くんに、いてほしい。


2012年3月16日 (金)

だいじょうぶ

アルバイトは昨日で終わりました。


弟の奥さんの病気は、深刻なものでした。これからさらに検査するそうです。


私が泣いている場合じゃない。でも、弟と二人のときに少し泣いてしまった。


だいじょうぶ。治る。みんな義妹が大好きで、彼女が必要だ。だいじょうぶ。


なんでなのかな


夫が亡くなってから、私はほんとにほんとに、この人が、義妹でいてくれたことを感謝した。一度だって、イヤな気持ちになったことなかった、会いたいと思った、たったひとり。ほんとにやさしいひと。


だいじょうぶ

2012年3月10日 (土)

リトリート

アルバイト、さすがに体力的に疲れてきました。来週でおわり!


思ったより簡単にできたこと、思っていたより難しかったこと。。

思ったより自然に変われたこと、反対に期待よりは変われなかった自分。。


いろいろです。


地元にいる母方の伯父が亡くなったという知らせをうけた。

弟の奥さんが病院で検査を受けることになった。


さみしいことや不安なことや切ないことやむなしいことが容赦なくやってくる。
人の命って?とか、生きることって?とか考え出すとまだまだ底なし沼に入ってしまうだけになりそう。
自分に言い聞かせるように、先のことをよくも悪くも考えすぎることをやめて、自分の気持ちの芯を取り乱さずに、そのときできることを、できる人になりたいです。


そう思って、瞑想(妄想になりがちだけど)続けています。


2012年3月 3日 (土)

コナコーヒー

弟家族がハワイに行って、コナコーヒーをお土産に買ってきてくれました。おいしいです。毎朝、お供えするコーヒーだけど、とくべつな気がします。


2009年の夏はハワイ島に行きました。コナコーストのコーヒープランテーションをドライブでめぐりました。なにげなく入った一軒のカフェが、ほんとに気持ちのいい場所でした。高台にあって、濃い緑の森が遠く遠くまで広がっていて、その向こうに海が見えました。


ベランダの脇に大きなマンゴーツリーがあって、実がたくさんたくさんなっていました。


お店の両脇にはコーヒーの木が植わっていました。枝にかわいい小さな赤い実が並んでいました。


夫と、いつまでもあきずにだまって景色を眺めました。


わたしの人生、いちばん幸せなコーヒータイムは、あのとき。


穏やかで、あったかくて、心の底からほっこりする。いつかまた行こう。そう思えるだけで、ちょっと幸せな気持ちになる。


2012年3月 2日 (金)

金曜日

金曜日はやっぱり緊張が解けちゃうのか、ささいなことが切ないです。


ひとりでごはん食べるの、もうあきちゃったなー。


んじゃ夫以外の誰かがいてくれればいいってわけじゃないので、むしろ、いらないので^^;、やっぱりひとりで食べるんだ。


鼻が痛くなって、涙がぼわわと浮かんで、、すぐに、フウと大きなため息をつく。「泣くなわたし。ふんばれ。」
そんなことが、最近、多いです。


バイト先では、笑ってしゃべって、普通だ。
いい人ぶりっこしたり、気使って疲れちゃったりしない分、前より自然体なひとになれてるかもね。


モノはたくさんあるけど、いちばん大切な人を失って、どうやっても取り返せないことが大きすぎて、、そんなどん底を経験したからか


へんちくりんなコンプレックスを感じなくなりました。たとえば、あの人セレブだなとか、キャリアウーマンだなとか、羨んでんだかひがんでんだか、ゆがんだコンプレックスが前はいっばいありました。


自分では、きっとラクなほうに動いていくんだろうけど、めちゃ地味な野生児になってしまいそうです。雑誌の表紙とか、電車の吊り広告とか見ると、世俗的ね…って思う。それも楽しめてたはずなのに。


夫が好きでいてくれた、あのころの私とは少しずつ変わっていくんだろうけど、、仕方ないよね。なにもかも、変わってくもんね。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ