« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

おおみそか

今日は2011年大晦日。体調はずいぶんよくなりました。


ふつうに、たんたんと、一日ずつを過ごそうと思ってはいても、やっぱり意識せずにはおられず、お花は新しいのを買ってきて、お掃除はすこしだけ丁寧にしました。


にぎわってるスーパーは、去年よりもずっと心の深いどこかを襲ってくるようで、家で、ときどき突然に崩れおちてしまいそうな孤独感に襲われたり。


いつまでも悲しんでたらあかんって言われても、悲しいものはしかたない


でも、まあなんとか、一日、一時間、一分、一秒、やっぱりたんたんと時間は過ぎます


こんな私でも、今朝起きぬけに、なぜか、ちょこっと考えたことは


私が夫のもとに行くときは、きっと笑っていたいということと。


これからは、自分のため、そして他の人のためにも、どんなふうにモヤモヤ思うときも、相手のしあわせ(みたいなもの?うまくいえないけど)を、まあ根本では願えるような人になりたいなあと。


□□□


今日、お買いものにいったとき、ああ、ほんとうにたくさんの人が、家族の待つ家に帰るんだ、家族といっしょに過ごすんだって思いました。新聞やネットでは、おひとりさまなんちゃら、なんてたくさん取り上げられているけど。


毎年、大晦日は、早くから飲む準備を始めて、義母や夫の友人がちょこっと訪ねてきたりして、延々の宴会・・・。あの宴会は私も好きだったよ、夫くん。みんなにいろいろ頼まれて、お酒とかの用意するの、うれしかった。


そんなこと思い出しながら、やっぱりさみしく思うとき、義母もきっと同じようにさみしいだろうなあと思ったりしたのだけど、そんならなんであの人は「わたしさみしい、あなたは強いけど」とわざわざ言ってくるのか、とまたイラっと妄想したりして。イライラしおさめ、2011年においていければいいなあ。


□□□


しあわせでありますように


2011年12月28日 (水)

ちっちゃな病気

二日間、寝込みました。一日目の火曜日は、ほんとに寝てばかりいたので、その日があったかどうかも定かじゃない。今、ちょっと復活しました。


あんなに食事や体のことをまったく気にかけずに、寒い場所で、お酒飲んでばかりいた去年は、風邪ひとつひかなかったのに。(ときどき胃痛で動けなかったり、二日酔いでぐったりはしてたけど)。


今年は、9月になった足首の神経麻痺はまだ完治しないし、今回はたぶん下痢嘔吐症。なんだかなあ。。


去年は、ああ見えて、気合いが入っていたのだろうか。


まあ、こんなちっちゃな病気で、ほんとうにたいしたことなくて。


ときどき目が覚めて、いろんなことを、考えました。今も、やっぱり、早く死にたいなあといつもどっかで思っていて、でも生きている間はそうもいっていられないことも分かっていて、そんなことを考える自分を責めて、それにもしすごく痛くてつらくて不安になったら、わたしはきっと助けを求めるんだろうけれど、それは健康に生きたいってことなのかなあ。


夫だったら、クリスマスやお正月も、いろんな人に囲まれて、一人のさみしさを味わわないように周りが元気づけてくれて、そんでうちの実家にも顔だしたりしてくれてるかもしれない。


ちょっとした病気のとき、ひとりでいると、ますます暗くなる。


でも、慣れなきゃね。


2011年12月26日 (月)

年賀状

去年は喪中欠礼はがきを、気を失いそうになりながら(今思えば)作りましたが、今年は年賀状。年賀状…それだけは、よかった。


いつも私の仕事だった。今年は一人で、お世話になった夫関係の人にも出す。無言で作業しながら、夫くんに会って話しかけたいことがいっぱいあるって思った。


私はお仏壇の前によく座っているけど、夫くんに話しかけたりしない。お線香も手を合わせるのも、夫くんのためにやってるわけじゃない。御本尊を拝んだあとに、夫くんの写真をだまってじっと見る。


なんでかっていうと、夫の供養だと思うことがつらすぎて、お線香も、手を合わせることも、とっても抵抗があったから。でも、なにかすることが必要で、お仏壇は必要だった。


夫が亡くなったからってやってるわけじゃない、御本尊を拝むのだと割り切るととてもラクだった。般若心経だって、ぜんぜん先祖供養の文言なんかないじゃんて、それは以前から思ってたよ。


夫の返事がないのに、声に出して話しかけることが、つらくてできなかった。認めたくない気持ちが強くて。だって出張で留守とかなら、声に出して話しかけたりしないから。


いまはもう、出張で留守なんじゃないことは分かってる。


なら、夫にちゃんと話しかけたほうが、落ち着くのかなあ。夫のことは四六時中考えてるけど、もっともっと意識的に語りかけると、もっともっと近くに、いつも一緒にいるように感じるのかな。


2011年12月24日 (土)

新聞折込み

今日の新聞折込み、クリスマス一色で、クリスマス商戦最後の追い込みですね。


私は、イベントとか、流行りもんにのってみるのが、じつは結構好きでした。アホっぽいなあと思いつつ。だって、楽しいことが増えるんだもん。お互いにプレゼントする機会や、ちょっとうれしいお食事する理由に、つかえるもん。普段よりちょっといいワインを買ってみる言い訳になるもん。


姪が、「12月は楽しいことばっかりだね。お兄ちゃんの誕生日、幼稚園のこども劇場、お兄ちゃんの音楽会、クリスマス!」って言ってるのを聞いて、とてもかわいいなあと思いました。イベントは、素直に、楽しくて、ワクワクするもんね。


いまは、まったく興味がもてなくて、別世界のようなチラシや新聞広告。去年は見ないようにしたけど、今年は冷めた目で斜めに見てしまう。


でもさ、私、やっぱり、誰かが幸せだったり、楽しいって思ってることは、やっぱり空気乱さないように一緒に楽しいって思いたいし、できれば、心から、幸せをよろこんであげたいなあって思う。


いまは、まだ、うらやましいなあとか、私の失ったものだなあって、思ってしまう。

2011年12月21日 (水)

お気に入りのソファ

去年の今日、この家に引越してきたみたいです。母と電話で話していて、分かりました。


□□□


義兄が仕事で上京して、それに義姉(兄嫁)も同行して、今日、二人でうちに寄ってくれました。


うちは、大き目とはいえワンルームで、その狭い空間に、4人掛けのダイニングセットとか、ソファとか、セミダブルのベッドとか、二人で使っていた家具たちを、いくつかは泣く泣く減らしたけど、入るだけギューギューに入れました。まあ、すごい密度です。


夫も私もいつもソファで寝転んだりくつろいだりしてたけど、今の私は、ほとんどソファに座らず、なにをするときもダイニングテーブルで、お仏壇に向かって近い、1客のイスだけを使っています。


今日、義兄がソファに腰かけてオットマンに足をのっけて、くつろいだようすを見せてくれたとき


「ええやろ~このソファ」って、夫が言ってそう。。。


このソファを買うときは、二人でいっぱい見に行って、座りたおして、いろいろ意見が分かれたのに、このソファだけは、営業さんの説明がツボにはまり、二人とも気にいりました。張り地も自分で選んで、とってもお気に入りでした。


いつも横に並んでテレビ見て、一個のオットマンに二人で足をのっけたり。
もたれあったり、膝枕したり。居眠りしてる私に、タオルケットかけてくれたり。


□□□


部屋の隅に積んだままの、夫のものをつめた段ボールは、泣きながら詰めて、ここに並べて、一年なんだな。


早く、会いたいなあ。ちゃんと待っててくれるかなあ。

2011年12月19日 (月)

ことば

義母に「ひとりでさみしくないなんて、強いねえ」って言われたことを、友人へのメールに書いてしまったら、
「違う世界の住人やな!言葉通じへんからほっとき!」って返信。。^^ ほんまやなあと思いつつ、言葉ってなんかなあって思ってしまった。


表面上、通じてるようで、ぜんぜん思ってることが違ったりする。


ほんまのとこまでかよわせたいなら、言葉と、気持ちをつくして、やりとりを繰り返さなあかんのかもしれへんし
通じるぶんだけでええわと思うなら、通じへんことを覚悟しとかなあかんのかもしれへん
分かってもらえへんことは、おりこみずみ、と思おう。


そうやねん、共感!って思えるときの、安心感は、ますます、ありがたい


イギリス人の義妹とは、母語が違うから、いろんな誤解が生じるはずやのに、なんか、信頼して、いろいろ話してしまうのも、不思議。

2011年12月17日 (土)

義母電話

荷物とどいたって、義母から電話。途中から泣き出した。


お正月、一人ぼっち、さみしい、おいでよ、さみしくないの?
○○さん、強いなあ、私はあかんわ。


同居の義兄夫婦は例年、嫁実家で過ごす。でもさ、お正月一人イヤなんは、まずお義兄さんに言ってよ。。


はい、はい、って愛想言って、相づちうつのが、せいいっぱい。


私、さみしくないわけないじやん。


義母のいうこと気にしないって、頭ではわかってるねんけど、体はまだ怖がってる。一方的にいっぱい話されて、電話きったあとで、久々の動悸、クラクラ、腕に力が入らへん。マグカップ持つの、こわい。


まだあかんー、義母の話、聞き流すのは、まだあかんみたい。こんなんならへんぐらいまでは、避けていてもいいよね、ごめん、ごめん、夫くん。


文に書いて少し落ち着きました。少し頭まとまりました。文字にして読むと、ほんとに義母はイジワルもイヤミもなく、素直に言いたいこと言ってるだけで、息子なくしたさみしいおばあさんで、なにが受け付けられへんのんか、と思います。


あーあー、ほんまに弱いわたし。


ダメな日

昨日の夜、久しぶりにオイオイ泣きながら寝て、なんだかちょっとローかな、ホルモンかな、と思ってた。


今日は、かなりあかん。私は人間の失敗作で、価値がない。夫くんみたくちゃんとした人が死んで、なんで私なんか生きてるんかなあ。


コンプレックスのもとを、まるで悪者探しのように、考えてしまう。自分の子どものころや、家族とのつながりは、とてもたいせつになのに、落とし穴もいっぱいある。


私はやさしくない、やさしくならなあかんって言われてた。でもどうしたらいいか分からなかった。
夫くんに私の好きなとこどこって聞いたら、「やさしいとこ」って言われて、面食らった。ほかにもいっぱい私のコンプレックスを肯定してくれたんは、夫くんやった。なにより、私といることを、楽しい!幸せって思ってもらえることの、力強さ。


気持ちが耐えられるぐらいのときは、そんでも生きていくんだよーって、そんなこと考えても仕方ないよーって、深呼吸して心を穏やかにする練習してきたつもりやけど、今日はあかんみたい。


眠れないけど


今日、特別に落ちてるだけ。今日は眠れなくて、今日はとっても消えていなくなりたいけど、保留にしよう。明日は、明日の夜はまたあかんかっても、今が止まらずに流れていくように、変わっていくもん。


2011年12月16日 (金)

月命日

今日は。。。日付が変わってしまったけど、15回目の月命日でした。


まあまあ平穏に目覚め、ルーティン終わってから、築地本願寺さんに行きました。どうやって過ごしていいか分からないから行く、そんな感じで、頼っている場所です。


今日の本堂は静かで。。涙がボワボワと浮かんだけれど、涙ひっこめてイスに腰掛けて瞑想しようと思いました。瞑想するのに、とてもいい環境だと思いました。


なにもできない、家にいてもどうしていいかわからない、だから命日→お寺、それだけだったけど、そして、本堂でいろんなことを思ってきたけれど。


ここで、心を鎮めよう、そう思えたことは、私の気持ちが変化しているんだろうなあ~と思いました。


□□□


夫くんは、いまどこにいますか。私がちょっとずつでも気持ちを穏やかにしていることを、安心して見てくれていますか。でもそうやって、夫くんが安心して、距離が遠くなるのは、私はいやなんやけど。。どうなんかなあ。。


2011年12月13日 (火)

義母

今日は百貨店に行って、義母に贈り物をしました。


今度の年末年始も帰省せず、お正月無視して、静かに過ごそうと思っています。もう自分にあきらめというか、開き直っています。そんで、言い訳がわりに、モノを送りました。


義母には、こちらからゴキゲン伺いの連絡することは、いっさいできず、まあ不義理もいいとこです。


夫が入院中、亡くなったあとも、食事がまともにできなくなった私に、「倒れたらみんなに迷惑かけるから、私はがんばって食べてんねん!」「○○が心配するから私は食べてんねん!」って言ってた。。


「あなたと反対で、やけ食いで太ってしまった」「あなたと違って、私は出掛けないとダメやねん」


もし、他にご主人や息子さんを亡くした人が同じことを言ったら、「そうか、私はこんなんやけど、そんな反応になる人もいるんやな」って思うだろうと思うけど、義母に言われると素直に受け取れず。「元気なんじゃん」って思っちゃう。元気でよかったとも思うけど。


もともと、親なんだから大事にされて当たり前、姑なんだからエラそうにしたい、的な行動も多かった義母。。
今の私の態度なんか、嫁としてあるまじき、失礼やろうなあ。。。


義母には、どう受け取られても、まあええかと思うけど


夫くん、ごめんね

2011年12月12日 (月)

希望ナンバー

車の名義変更、終わりました。車検証の所有者は、あっけなく私の名前になっていました。


結婚してからナンバーは3回変わったけど、希望ナンバーなのでずっと同じです。ありきたりだけど、結婚記念日です。バカップルです。でも、結婚記念日なんて覚えてる人は少なくて、ほとんど気づかれなかったです。


そのぶん、二人にとっては、ますます愛着たっぷりの数字になりました。


私は記念日とかこだわらないほうだけど、夫が、入籍日と結婚式は同じ日にしようといって、神社からホテルへの移動の途中で婚姻届を出しました。そのうえ、ゴロがいい数字で、同じナンバーの車を見ると、いつもホッコリしてました。


二人の記念日ナンバーは、もちろん大切だけど、今日はなんだか、むなしかった。泣かずに、とても事務的に、封印割った。ギリギリギリと一人でやった。6年前に同じ手続きしたときは、まだ多少は若くてかわいかったからか、見ず知らずのおっちゃんがやってくれたけど、今日は、だだっぴろい駐車場でちんまり座って、ギリギリ格闘した。


封緘してくれるおっちゃんに言われて、ボンネット開けないといけないけど、今の車でボンネット開けるの初めてで、どこか分からんかった。夫はよく開けてたから、ボンネットの中なんてよく見てたのに。


6年前、新しいナンバーを自分でビス止めしたときは、地元に戻っての新生活だし、二人の記念日ナンバーだし、ちょっと特殊な経験を逐一夫に報告したくて、なんだかうれしかったように思います。


前みたいに、なんだかワクワクしたり、幸せな気分で、なにかを新しくすることなんて、これからわたしにあるのかな。いつになったらあるのかな。


うん、なくてもいいんです。そんなもんなくたって、きっと穏やかに過ごせるし、自分でハードル上げる必要ないし。


帰り道は、信号もない交差点で、何度もブレーキ踏んで、ものすごくボンヤリしていました。


家に帰ってきたら、いつも見ている、クローゼットの夫のジャケット見て、いっぱい泣きました。


2011年12月10日 (土)

丸の内

昨日は、丸の内の丸善で、仏教の講演会、聞きにいきました。


大手町の駅から丸の内に向かうの、3回目。なんでかダメな場所。。地下道も地上もダメ。。スーツの人率が高いから?夕方で仕事帰りの人が多いから?夫が働いてて、なんども待ち合わせした新宿のがマシ。。


前回は、もうあかん!ってなって、待ち合わせまでにカフェで一人ビールを飲んだ、弱虫の私。。。


今回は、だいじょうぶやった!平然と、コーヒー飲んで、時間つぶした。


一ヶ月ぐらいのあいだに、わたしも変化してるよ。そして、一ヶ月前のわたしが、とってもしんどかったこと、いまなら気づいてあげられる。


地下鉄乗ってて、夫がふっと現れるんじゃ、って頭をよぎった。「なんよ、やっぱりぜんぶウソなん!冗談きついわ~」って。。いまだからこそ、そんな想像ができる。。


なんやろ、あの大手町から丸の内への地下道が、大阪の本町っぽいとか、地上出たとこの風景が御堂筋っぽいとか、私のノスタルジーなんやろか。

2011年12月 8日 (木)

止められない涙

先日、「モヤモヤがでたらストップする」って書いたばかりだけど、そんなのできない「泣く」日でした。


車の名義変更手続きです。


足首が神経麻痺で動かせなくて運転できなかったから、2ヶ月以上保留にしてたけど、年内に書類の有効期限がきれます。車庫証明取りなおして、希望ナンバー申請したので、来週、陸運局で手続きして、ナンバーが新しくなります。


ナンバープレートの封印は、自分で割ります。費用のこともあるけど、もうここまできたら、車帰ってきたらナンバー変わってたっていうのもつらいので、自分で変わるところ見ててやろうって思います。


そういうこと考えながら車乗っていたら、涙が出て、ストップできる類の感情じゃなかったです。夫がいなくなってから、ずっと、そういう感情のしめる割合のほうがずーとずーと多くて、なにするときも必死だったなあと思いました。


ストップできるのは、言葉にできたり、絵になって頭にボヤボヤ浮かぶような、モヤモヤの感情。


前に転居したとき、同じように陸運局行って移転手続きしました。車屋さんのおっちゃんたちに混じってウロウロして、封印切るのできなかったら、近くのおっちゃんがやってくれました。あのときは、そんなことも楽しい経験で、夫にいっぱい話しました。今回は、だ~れも、がんばったね、って言ってくれない。。でも、夫がいっしょに行って、みてくれてるはず。。だから止められない涙がでるんだ。。


2011年12月 6日 (火)

この季節

去年は、スーパー買い物行くたびに、ものすごく疲れました。
二人で鍋してあったまることなんて、あたりまえなことのように思っていたのに、もうできないなんて、鍋材料のコーナーが恨めしかった。


いまは・・・去年とはずいぶん違って、がんばって耐えてる感じもなく。それは、もう私にとってはあたりまえのものじゃなくなってしまったから、かな。


夫と鍋するの楽しかったな。。
二人とも大好きだし、ラクチンなので、鍋は一年中活躍していました。
キムチチゲ、水菜と豚肉の鍋、豆乳鍋、カレー鍋、うどんすき、そばしゃぶ・・・。


今の私は・・・、すごく単調な食生活で、あれ美味しそう!とか思うこともなく、淡々と過ごしていると、スーパーも用があるところ以外は無視できるようになりました。


クリスマスだってお正月だって、今年の私には、最初から関係ありません、ほしがりません。とはいえ、この季節「世の中は幸せな人用です」って強調されてる感じがして、さみしいなあて思います。幸せだったなあと思います。今の気持ちでは「幸せです」と言えないけど、トータルで考えると、私は幸せな人だなあと。


すこしはラクに過ごせるとはいえ、年賀状。。。考えるだけで、胸がギューと苦しくなって、なかなか作業できません。がんばろ。


2011年12月 4日 (日)

ニンニク

畑にニンニクを植えています。


プランター菜園をしてる友人から、ニンニクはコスパええよと聞いて、なにも調べたりしないまま、スーパーで買ってきたニンニクを一カケずつに分けて埋めました。すごい元気な芽が出ています。でも「ニンニクの芽」じゃないなあ、太いニラみたい。


夫くんとなら「畑借りる」なんて考えなかっただろなと思うけど。。。ベランダで色々栽培したいって言ってたし、夫実家の庭見て「畑でもしたらええのに」って言ってたし、案外乗ってくれたかな。なにより虫大嫌いの私が、手を土だらけにしてるの、意外でしょう。


同じ貸農園は、私たちのような初心者はほとんどいないみたいで、すごい立派な冬野菜たちに圧倒されます。今日は、となりのおじさんがお大根を一本くださいました。うちは、しょぼしょぼなので、いただいてばかりです。


今日、収穫したかぶら、夫に見えるようにお供えしています。去年ほど、鍋の季節だなあと思って自分をおいつめることもなく(ふ~とさみしさはあるけど)、いただきもののおいもや大根をありがたく食べています。

2011年12月 2日 (金)

思考ストップ

一月半ぶりのカウンセリングと診察。ずいぶんと普通に話せるようになった。気持ちのアップダウンの振り幅が小さくなってることが大切ですって言われた。いる場所はひくーいままでも、急降下や溺れてもがく感じはない。自分の周りの殻はぶあついままだけど、ちょっと弾力はあるように思う。


フラッシュバックでウッとくることはあるし、さびしさでギュとなるし、ただ悲しくて泣くこともあるし。


些細なことばにモヤモヤするし、お気楽な表面的な薄っぺらいもんにイラっとするし。


自己嫌悪の芽はどんどん出てくるし、後悔も、不安も、アセリもあるし。


そんな感情がでてくると、いまの私は「ストップ」をかける。すごく意識的にやってる。だいぶクセになってうまくなった。一日中、気づくと「ストップ」かけてる。なるべく早めに思考停止するのがコツ。停止っていうのは無理なので、今やってることに入れ替える。お皿洗う、駅向かう…。


不自然かな、あと回しにしてるだけかな、どっかに溜まってしまうかなって先生に相談したら、「そのうち、受け流すこともできるようになると思いますよ」って言われた。


ほんとに「ストップ」ばっかりしてるなって気づいた今日のカウンセリングでした。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ