« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

手がさみしい

さむい、さむい。。


手足が異常に冷たくって、「私って冷え症だったんだ」って気づいたけど、これは年のせい? 5キロぐらいやせたから? 靴下2枚はいて、カイロまで使ってます。


肌があまり強くない私は、冬になると手が荒れやすい。弟んちの手伝いに行って最初の2、3日油断して手袋なしでガンガン炊事したら、一気にヒビわれみたいになってしまった。一度なってしまうと、なかなか治らない。


荒れてしまった自分の手を見てたら、夫が「かわいそう」って言っていたわってくれることが恋しくなって、胸がつまった。


□□□


先日、夫の同期の人と飲み会があった。家で晩酌するかどうかって話しになって、ものすごいお酒好きな人が、家では飲まない、ビールもないって言った。ひとしきりそんな話をしたあとで、その人が、「家で飲むやつは、家が好きなんやろうなあ」って言った。


そういえば夫は、独身時代、ほとんど家では飲んでなかったって言ってた。


私がお酒好きな人だから、夫の酒量が増えちゃったのかと後悔の一つだったんだけど・・・。夫は家が好きだと思ってくれてたんかな、って思ったら、ちょっとほっこりした。


去年の5月、沖縄に旅行したとき、到着した空港の売店で泡盛の梅酒を買おうと夫が言った。ホテルで夜飲もうよって。


どうせ夕食のときにオリオンビールや泡盛飲むのにね、って思ったけど、楽しそうだったから、賛成した。


食事が美味しくなって楽しくなって、ほろ酔いでお腹いっぱい・・・なんてぜいたくだったのでしょう。ぜいたくすぎたのかな。なにがいけなかったのかな。


2011年11月27日 (日)

帰宅

昨日の夜、義妹が帰国して、夕食をみんなで取ってから、家に帰ってきました。


義妹のお母さんの体調はまだあまりよいとはいえず、弟がためいきをつきながら、「うちの家族、なんでこんなことが多いんやろ。両親が長生きしてる人かて多いのに」って言いました。私の夫がこんなに早くに亡くなったこともやし・・・ってつぶやくのを聞いて、なんでか分からないけど、つらくなって泣いてしまいました。


私にとって、「幸せで元気な夫婦ばかりなのに、なんで私たちが」って思うのは、とっても簡単です。でも、そういう思いに引きずり込まれるのがイヤでした。心配げな友人のことばも、「かわいそうに」ってあわれまれてんじゃないかと思ってイヤでした。


ネットを通じて、大好きなパートナーに先立たれてつらい思いをしている人がたくさんいるのを知りました。でも、大切なのは、不幸比べじゃない。人がどうだとか、人にどう思われるかとかは、なんの実体もないことだって思っているし、そういうもんに揺れない人になりたい。


□□□


姪が「幼稚園の先生が『おばさんは一人で住んでるの?』って聞いてきたけど、『知らない』って言ったよ!」って言った。幼稚園の先生は、中年のおばさんが朝昼のお迎えに参上して、あの人はどういう身分なのかと思ったのかなあ。ほんと大きなお世話だし、6歳の園児に気を使わせるなよって思う。


世の中、そんなもんかな。イヤ~な気持ちがして、バス停や公園で会ったママたちもいろいろ噂してるんやろか?なんて思ってしまった私は弱いもんだ、なんだか厭世感ばかり強くなっちゃいます。。

2011年11月18日 (金)

お留守番

弟の奥さんがイギリスの実家に帰っているあいだ、弟の家で、家事手伝い兼ベビーシッター?です。慣れないことばかりで、バタバタして一日か終わります。こどもってなんで、あんなに一日中、ハイテンションが続けられるんやろ。。


そんなかんじで、今月の月命日も、ひとりで二回目の結婚記念日も、ひとりでほんの少ししんみりするだけで、過ぎました。


ひとりであんまりにも静かに過ごしてたから、最初の二日ぐらいは、のどがつまって落ち着かなくて、幼稚園のお迎えバス停では、他のママに話しかけないでオーラ出しまくりましたが、今はだいじょうぶです。


なんでかとてもさみしい。こどもと遊んで、一緒にごはん食べて、家事して。いつもみたいにひとりじゃないのに、ふっとしたとき、とてもさみしいのは、なんでやろう。


甥と姪は、ママの留守だけど、がんばっています。スカイプで、ほんとにうれしそうに話してんの見ると、かわいいなあと思うし、すこしさみしいです。へんなやつ、わたし。


2011年11月 8日 (火)

うれしい、本

奥様を亡くされて、でも、かわいい娘さんの写真いっぱいのブログがあって、とっても癒されるので、よく見にいっています。すこし前だけど、その方が一周忌までのブログを本にされた記事がありました。


夫が亡くなる前、食べ歩きブログを、しょぼしょぼと書いていました。いっつもふたりで写真撮って、旅行の記録とかもあって。あんまりマメに更新してなかったけど、夫とのおいしい思い出は満載です。


友達も見てたから内容はあたりさわりないし、気合いも入ってなかったけど、4年分ぐらいあります。


それで、出版オーダーしました。ブログで書かれてたとおり、結構費用かかったけど、ぽちっとオーダーしたとき、「楽しみ」って思いました。


昨日、その本が届きました。


あ~、うれしい。


写真ボヤボヤしてるし。カウンター席や、暗いお店(私だけ)が大好きだったから、写真ないページのほうが多いけど。


忘れてたのとか、行きつけだったお店とか、夫の定番お土産とか。。
ハワイで車ん中で飲んだジュース、夫の手が写ってる。夫の手、大好きだった。


こんな思いで見ることになると思ってもみなかったから
思い出づくりというよりは、単なる備忘録だったから
お気楽で、ぼんやりした記事ばっかり
大好きだったお店や、特別なディナーとか、いっぱい抜けてる


でも、うれしい。おいしくって、楽しかったことしか、書いてないもん。毎日、おいしくて、楽しかった。


2011年11月 7日 (月)

法話

今日は、初期仏教の法話を聞きにいきました。体調がちょっと悪くて迷ったけど、行ってよかったです。


『自分が苦しいとき、その苦しみを深く分析して、逆の行動をするんです』。
たとえば、自分が皮膚炎に悩まされていたら、高齢者の施設に肌触りのいいシーツをお布施する。


・・・わたしは、悲しくて、さみしくて、なかなか立ちあがれなくて、苦しい。悲しい人の気持ちを癒すようななにかが、できるといいんだろうか。まずは、自分の苦しみを深くみないといけないですね。(今日の法話の長老は、理論、理性、という言葉をよく使われます。それが、私には違和感ないんでしょう。。。)


大学生の人が「来年就職だけど、やりたいことがみつからない」という質問をしました。


『みんなその日、その日、そのとき、そのときを、生きているだけです。将来のことなんかわからない。深く考えなくてもいい。でも仕事は、人のためにすること、いっしょうけんめいにすることです。』


未来をムダに悩んで、人と比較されて凹んで、今の私にはとても大切な応えでした。


『人って、ものすごくエゴイストなのに、なぜか自分を苦しめることばかりしちゃうんです。』


本読んで、ネットみて、いろいろ心に残ることもあるけど、実際に聞く法話はダイレクトに届きます。


モヤモヤ、ドロドロ、すこしリセットできそうです。


2011年11月 6日 (日)

i belong to you

ちんぷな話しだけど、マンガ読んでたら、「人生」「これから」「前向き」とか出てきて、お涙ちょうだい意図みえみえで、くやしくなって涙がでた。バカらしい。


なんでこんなに、こういうことばがイヤなんか。。。もう夫に使えないからや。。。


私の人生も、私のこれからも、それはどうにかなるような気がするけど、
夫の人生や、夫のこれからを、かんたんに結果にされたり、語られたりするのが、とってもイヤだ。


夫くんにしたら大きなお世話かもだけど、でも、ごめんなさい、あなたの人生は、わたしの人生です。わたしたちにだけ、わたしにだけ、意味があればいいのです。


・・・・


弟の奥さんのお母さんが入院した。心臓発作だそうです。弟の奥さんは平静につとめてる。お母さんはイギリスにいるので、こういうときの、この距離は重い。


夜、弟家族と別れて、一人になって泣いた。なんの涙かわからない。夫と同じ心臓の病気。早く気付いてよかった。でも、いま、これから、どれぐらい不安かな。夫が亡くなって、いちばん私によりそってくれた義妹。。でも、なんにもできないよ。


神様なんていない。すべて神様の与えた試練なんだったら、そんな試練で、強くて、いい人になんてなりたくない。やさしい人ほど、苦しいって、へんじゃん。


2011年11月 3日 (木)

やる気のでない人

母と電話してて、履歴書送った会社からお断りの電話があったこと話した。まあ、想定内だし、あせることないけどね、やっぱり気はよくないよね。。なんて、グチグチと聞いてもらったあとで、


「世界中の人に、あんたなんか必要ないって言われても、それでも、生きるねんしな~~」


てつぶやいたら、自分でもバカバカしくなって、ちょっと笑えた。


仕事探そうか、というところまでは来たけど、「明るくて元気な人」「やる気のある人」じゃない。いろんなことできないまま、ムリムリと逃げて保留にしてる。1日が24時間でまわってるって思えるようになったのは最近で、ほんとうに眠れないときの不安は、薬が効かないか効きすぎるか、どっちかです。


面接にはもちろん、私なりにバッチリメイクで、意欲みせて、のぞみたいところですが。
でもほんとはそんな人、採用しないよな。いっしょに働きたくないよな。私なら、そう思う。


「100パーセント私は大丈夫」なときは、待っても仕方ない、どうなったら大丈夫かなんて最初からない、って思ったのです。ムリなら、それはそのときなのです。


あなたには、なにができるの?
あなたは、なにがしたいの?
やる気のある人しか、この社会では価値がないの?


大阪で働いてたとき支社で求人をして、私も応募書類を見せてもらっていました(いいのか?)。上司が、「オレ、こういう重いのん、あかんわー」って見せてくれたのは、「夫を亡くして、求職しています」という旨のカバーレターでした。他にも応募書類はいっぱいきて、私にはよくわからない基準で何名か面接してました。結局、誰も採用されず、知人に紹介された男性がやってきました。小さい会社で、人の出入りを見てると、お仕事も縁だな~と思いました。


・・・・


だいじょうぶ。なくしてこまるものも、傷つけられるものも、ないもん。淡々と、毎日、過ごしたい。


ただ、これからのこと、考えるのは、しんどいよ。


明日、またハローワーク行くさ。


2011年11月 2日 (水)

デリカシーない人

デリカシーのない知り合いから電話。


仕事みつかった?まだ見つかんねえの?もう一ヶ月ぐらいなんじゃねえの?


まあ、そうやって外出て元気出してったらいいよ!


…だって。


引きこもりの私を励まそうとしているらしい。悪気ないから始末が悪い。声が元気そうになって安心したよ!また電話する!だって。


電話きった直後に、履歴書送ってた会社から、書類でお断りされる連絡。。今日の夕方、凹む、腹立つ、情けない。


腹立ててるだけ、精神的には多少落ち着いてる気もする。ネガティブが外向いてるからな〜。内に向いてしまって、起き上がれなかったときは、つらかった。


お酒飲むのだいぶ減ったのに、今日はビール2本、すぐなくなった。

2011年11月 1日 (火)

眠れない夜は長い

部屋の窓から、少し離れた高台にある公園の木がこんもり見えます。秋らしく色づいてきました


去年、この部屋にきたとき、すっかり冬の景色でした。あの木が新緑になったり、夏の緑になるころには、少しは気持ちが癒されるのかな・・・なんて思いました


そうか~、二回目の秋、二回目の冬になるんだな


これからどれぐらい、って考えてしまうと、ひどく心細いし、気が遠くなりそう
でも、もしすごく長生きしちゃっても、めぐってくる秋や桜の季節は、せいぜい数えられるぐらいかと思ったりもして
耐えられないほどでもなくて、むしろ、いつか必ずお別れするんだから、愛しいぐらいのものかと思ったりもして


考えるのをやめました
考えるのを、やめる練習をしています


眠れない人には夜は長く
疲れた旅人には四里は長い
正しい法を知らない愚か者には輪廻は長く続く


お釈迦様のことばだそうだけど、
ほんとに、眠れない夜は長い。。


私のこっからも、私が疲れてて、思い悩んでいるほど、きっと長いんだ。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ