« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

スゴロクか

なんだか、心にドロドロの液体が、たっぷんたっぷんの、一日でした。


一昨日、友人にハローワークに行ったよって話したときに、「そっか、ついに動き始めたか」って言った。それだけなんだけど、“スゴロクで休まされてたコマが再スタート”みたいなニュアンスを一瞬、感じてしまった。


・・・比べること、競争すること、勝つこと、負けること。。


どうでもいい~って思ってしまうけど、世の中はそんなことがいっぱいだ。なんかイヤなきもちがした。


そういえば、夫が亡くなったあと、私の生活、収入のことどうするのって言った人、他にもいたなあ。困ってます、って言ったところで、助けてくれるとも思えないけど。


実家に帰らず、無職なのに賃貸物件に引越して、ほとんど乗りもしないでっかい車おいてて。アホなのか、よっぽど余裕があるのか、どっちかでしょうか。アホですが、他人には迷惑かけないようにするつもりですけど(たぶん)。


・・・損しないこと、上手に生きること。。


そんな満足感や優越感、いらないなあ。


毎日をすごすために、ほしいものはある。誰かがくれるものじゃないし、買えるものでもない。人と比べるものでもない。


モヤモヤなんか気にしなければいい、気にせずにいられるはずなんだけど、今日はちょっとつかまってしまったみたい。。


2011年10月26日 (水)

つかれた

ハローワーク行って分からんままに求人票3枚印刷して、履歴書3通書いて送って、2こ、面接行きました。なにを間違ったか、どっちも営業職の求人で、面接おもしろいほどボロボロでした。まあ、いいか。


今日は、ちょっと会うの躊躇してた友人と、ひさしぶりに会いました。。やっぱり、つかれました。ともだちってなんだろなあ~とまたいらんことを考えて、でも、彼女はやっぱりともだちなんだと思います。


プライドが見え隠れする、悪気ないことばも、今の私には幸せそうに聞こえるグチも。自分の気持ちが元気だったら、おもしろいおしゃべりなんだと思います。私の気持ちにそぐうことばだけなんて、どこにもないのだと思います。ただ、受け止める余裕が、まだないんだなあと思います。


一人になって家で、「夫くん、私つかれた」とつぶやいたら、せきが切れたみたいになって、泣いてしまいました。


まだ、ちょっとがんばっただけ。これから、もっと、つかれるでしょう。もしかしたら、長期戦かもなのだ。でも、終わりはかならず、来るのだ。終わりのときまで、ちょっとでも、よい人格をめざすのだ、夫と私のご縁のために。


夫が亡くなったあと、わたしは、「夫くん、私こまった」ってずっと言っていました。そのことばを言えなくなってからは、夫に話しかけることも、ずっとできませんでした。「ああ、しんど」とひとりごとばかり言ってました。


つかれた。


でも、だいじょうぶ。

2011年10月24日 (月)

がんばろ。

先月の後半から、神経麻痺というのになり、右足首が動かせないです。歩けるし、治るらしいからいいけど、歩くときに右足を余分に持ち上げます。
少し歩き疲れたとき、がんばろ。って思います。


外でふとしたキッカケで夫のことを思い出して、胸がギュと苦しくなっても、このごろは、がんばろ。って思います。(家ではそのまま泣きます)。


こないだ銀行で、ウウっとなったけど、がんばりました。銀行や役所、今までは緊張感でテンパって、感情はマヒしてて、いつも外に出て歩きながら泣いてました。カウンターで、感情がこみ上げたのは、初めてでした。


ほかの、たくさんの人と、同じ空気をすって、同じ空間にいるような、気がします。同じ空間だけど、笑ってる人もいて、わたしは悲しんでる、今は、そんな感じです。


がんばろ。
歩きにくいから、自然に出たんだけど、なにをがんばるんか、わからないけど、がんばろ。


死ぬまでは、生きるんだからなあ。

2011年10月22日 (土)

こうあるべきは、気にしないべき

Facebookの友達リクエストのお知らせメールが何件か来たけど、ログインもせずほおっています。中学の同級生から連絡があってさ~とか、いまのわたしに、もっともいらんことやん・・・。そうつぶやいたら、友人に「そやな、いま、近況報告なんかしたないもんな」って言われ、あ、そうか、と思いました。私はもっとネガティブで、面倒な人間関係を増やしたないわ、って思っていたからです。


友だちに会ったりすると、自己嫌悪になります。ちっちゃなことにイラっときた自分に。フリだけでもすごく元気で楽しめなかった自分に。グチってしまったり、メソメソしてしまった自分に。


昨日はカウンセリングで、そんなことも相談して、先生に「いけないですか?」「困ることは?」と聞かれることに、いえいえと答えながら、あーーー気づきました。


友達の期待にこたえるべき。。
人とのつながりを享受すべき。。
一年すぎたんだから、もっと、「ふつう」をとりもどすべき。。


「こうあるべき」に、とらわれています。他人はこう思うだろうとか。死別のブログ見たら、他の人はこうだとか。そういうことに、とらわれていたみたいです。


こうあるべきは、気にしないべき!だな--


私が、一人でいる時間が好きなら、それがいいのだ。
友達がいっぱいいたほうがいいなんて、きまってないのだ。
わたしは、わたしなりに外にでてて、進んでいるのだ(先生談)。
すくなくとも、いまは、そうなのだ。


柔らかい繭みたいなもんで自分がつつまれることが、今の私が考えてる、いいイメージです。


2011年10月20日 (木)

ハローワーク

昨日、ハローワークに行きました。老若男女の求職者でムンムンしてて、こっから始まる過酷な就職活動に、始める前から凹みそう。


転勤で職場をかわるとき、ずっと派遣会社にお世話になっていました。夫の夏休みにいっしょにお休みできるように、引越して最初の夏までは短期単発でーとワガママ言っても、お仕事にありつける。。


特別なスキルも経験もないし、いくつまでいけるかな〜なんて思ってたけど、先のことはあまり気にしてなかった。。あまいやつ。


東京きたとき同じ調子で登録行ってエントリーしても、立て続けに断られてびっくりした。仕事が多くても、求職者も多いこと、実感しました。リーマンショック後の「派遣ギリ」とか話題になってたあとでした。


こんどは夫にグチきいてもらうことも、派遣の営業さんに慰めてもらうことも、できへんし。いちいち凹んでられへんし。マイペースでいいや。

2011年10月17日 (月)

友人の助言

今日、ちょこっと車に乗りました。ずいぶんエンジンかけてないし、風も通してないから、心配になって。


車の運転も、こわくて、苦手になってることの一つです。緊張感が強くって、手に汗にぎり、めまいしたりするので、非常にあぶないです。心療内科の先生に、「落ち着いてくるまで、乗る必要がなければ乗らないほうがいいよ」って言われ、2ヶ月カバーかけたままでした。


車が大好きだった夫。私も車も運転も好きだったので、ほんとによく車で遠出しました。アメリカで時間をかけてドライブ旅行したいな~って、よく話していました。


夫が残してくれた車、夫に託された車。それを湿気らせて、気持ちいいスピードで走ってあげてないどころかエンジンさえかけず。。なさけなくなって、また泣いて、落ち込んでしまいました。


こういう落ち込みは、一人で抱え込むしかなくて。「ヘンな汗が出て車に乗れへんねん~」ってとこまでは話すけど、その続きは誰にも言えないです。


□□□


友人がはるばる来てくれて、たくさん話せたんだけど、わたしのこれからについて、次から次から助言?、思いつき?でいろいろ言ってくれたとき、「もうこの話したくない」って言っちゃいました。。。なかよしなので、わかってくれると思うけど、そんな自分がイヤになります。


私が悲しんで落ち込んでいることは分かってくれて、気をつかってくれるけど。
悲しんでる私と、これからの私のこととは、別のことなんだろうなあ。“立ち直って、仕事探して、また旅行や習い事して、大笑いする”。
友人らにとっては、もうそういう私が用意されてる気がします。


でも、私にとってのこれからは、「夫がいないけど生きてく私」・・・。考えるのがとってもしんどいんだ。夫が亡くなったときに、私の中のなにかもごっそりなくなった。どうやっても、同じじゃいられないと思う。


そのときの私を、点と点で見たら、悲しんでた私と、立ち直った私、きっとそれだけに写るのかもだね。


「変わっていくことは悪くない。みんな変わっていくねんから。」。変わってしまうのがコワイ気持ちを分かってくれる、夫友人の助言です。


本人にとっては、どの時も点ではなく、時は流れるものですね。


2011年10月12日 (水)

これからのわたし

こないだの日記で、「今生のループでもいい」って書いて、わたしのなかで、気づきがありました。


・・・・


夫と過ごした10年間のためなら、もう一度、あのときを過ごせるなら、それまでのわたしも、これからのわたしも、ぜんぶウェルカム。。いまの悲しさや苦しさも、もいっかいやってきたっていい。


それって、つまり、今生のわたしは、とっても幸せなんだ。


夫と過ごした10年間があるから、私は正真正銘、しあわせだ。残りの今生も、それと一連なんだから、たいせつなんだ。。


ほんとは、1年でも、2年でもいい、少しでも一緒に長く過ごしたい。夫の命にかかわる私の後悔が少しでも変化していてほしい。タイムマシンに乗って、もし自分を振り返って見られるなら、そのときのために、少しでも、いい自分に変わっていたい。


・・・・


ふと、夫が「○○ちゃん(私)のことが心配です」っていうのが、思い出されました。


それは、私が「しんどい」だの「痛い」だの弱音をはくと、夫がいつも言ってくれていた言葉。ちょっとかわいい言い方なのです。


夫が亡くなる数日前も、ひどい日焼けの私を皮膚科に連れていってくれて、この言葉をかけてくれました。


「○○ちゃんのことが心配です」って、なんども、なんども、聞こえてきました。


ごめんね、これからも心配かけると思うけど、
でも、夫くんが大切にしてくれた私を、ちょっとは大切にしなきゃなって、思えるようになりました。

2011年10月10日 (月)

今生、来世

「私もいつ死ぬかわからない」って思わないと、毎日が過ごせなかったとき。それは、私も「今すぐ」死ぬかもしれないっていう意味だった。部屋はいつもそこそこ整理して、パソコンのネット閲覧履歴は都度、削除してた。


誰が発見するにしても、確認は近くに住む弟になるだろうから、裸んぼのときは、急いで行動したり。私はいいけど、弟が困るかな、と^^;。


その可能性がなくなったわけじゃないけど、今は無防備に過ごしてる。突然なら、突然らしく、自然でいい。


今は死にたいなんて、思わないかっていうと、自信ないけど、時は逸したなと思う。


今も、いつ死ぬかわからないって思ってるけど、いつまで生きるかもわからないって、同じだけ思う。


そんなこと思ってるわりに、母や弟に、突然なにかがあったらなんて、気を失いそうなほど、考えたくない。自分勝手なもんだと思います。


んで。。


いつまで生きてしまうかわからないけど、やっぱりいつかもう一回、夫に会いたいって思う。


「私もすぐ死ぬかも」にすがってたときは、自分も消えたい、それだけだった。死んだら会えるとか、そんなんじゃなかった。


また、会いたいなあ。
あちらの世界で会うのか、次の世で会うのか、わからないけど。


もし、ぜったい会えるなら、この別れはつらいけど、今生のループでもいいよ。夫くんとの10年のために、全部で何十年かしらんの私の人生、繰り返しでもいいよ。少しは成長していたいけど。


来世では、もっと長く一緒にいられるために、人格よくする修行しなさいっていうなら、ちょっとはがんばろって思えるかもだよ。

2011年10月 9日 (日)

空気

去年の11月半ばから通っている心療内科ですが、昨日、お会計のときに、はじめて、受付の人に「○○さんの髪って、サラサラでうらやましいです!」って声をかけられました。


びっくりして、アタフタしちゃいました。夫が亡くなってから、カラーやパーマはもちろん、ブローは乾かす!それだけで、セットなんかしたことなく、ほったらかし。白髪もいっきに増えた(それは年のせい)。ほめて頂くほど、サラサラじゃ、どうヒイキめに見ても、ないです。。。


そのあと、処方箋をもって行った薬局で、何度も対応してくれてる薬剤師さんが、「小銭入れについてるキーホルダー、いつもかわいいなあって思ってました!」って、言われました。


同じ日に…。どちらも、私がメンタル面で疲れてるって、数ヶ月、知ってくださってる…。


話しかけても、だいじょうぶな空気が、私を包んでるのかな、って思いました。


夫が亡くなって直後は、そんなわけないのに、外見だけでも、「私は忌中です」って分かるんじゃないかと思うぐらい、自分だけ違う世界を歩いてる気がしていました。私に触ったら、あなたも悲しい気持ちになりますよ、近寄らないでください、ぐらいの気持ちでした。


□□□


先日、夫の後輩の方たちがお参りに来てくださいました。車好きの夫の影響で、同じ車種を買った!っていう話を聞いたりして、ほんとにうれしい時間でした。


その中の一人の方が、「大切な思い出は一人占めしても、悲しみは共有できる仲間といっしょにうまく付き合っていけるといいですね」ってメールをくれました。その方も、最近、悲しいことがあって、ご自分の気持ちでもあるのだと思います。


夫のこと大好きだった人たちとの時間は、そこに夫がいないことが理不尽に感じるいっぽうで、
ひとりになったら、いっぱい泣いちゃういっぽうで、


夫が、いまも、いろんなとこで、大活躍してる、安心感もあったりします。
いっぱい呼び出されて、いそがしいだろうなあ…って思います。

2011年10月 5日 (水)

オープンカレッジ

渋皮煮は、ひとばんお鍋につけておいて、今日、できあがりました。すごく、おいしくできました。。


私が初めて渋皮煮を食べたのは、義母の友人で、京都で料理屋さんをしていた人にいただいた、そのときのこと思い出します。持病がたくさんあって、満身創痍なおっちゃんなんだけど、お店を辞めてから、すっかり元気になられてるそうです。夫も仲良しで、夫がおっちゃんのこと、心配してたのにねえ。。


先週の日曜日、早稲田大学のオープンカレッジに、行きました。ぜんぶで5回だけの、とても気楽な講座です。


夫の会社の友人が、おすすめしてくれました。


カウンセリングの先生にも、「以前だったら、そういうのも、まったく、行こうって思えなかったですよね」って言われ、ずいぶん対人恐怖症ぎみ?人に会いたくなかったけど、ちょっとはましになったのかなあ。


主人が倒れる前までは、韓国語のマンツーマン講座を受けてたんだけど^^;、語学は、いっぱいしゃべらないといけないので、まだちょっと敷居が高いです。


友人にも、外に出ようと思ったことが、よかったね!って言ってもらったりして。
ほんとに、ちっちゃな、一歩です。


2011年10月 3日 (月)

栗の渋皮煮

夫の父方のいとこが、新米と、栗と、枝豆を送ってくれました。黒豆の枝豆で、普通の枝豆より、少し時期は遅いみたい。すごくおいしくて、夫も大好きでした。


栗の渋皮煮を、作ってみます。初めてです。


こういう初めてのレシピ、夫がいるときだったら、どんなに喜んでくれたかなあと思います。


毎日の食事は、ほんとに適当で、ひどいものです。


去年、ほんとうに食欲がなくて、食べられないときに、たったひとつだけ自分から食べようって思えた、小豆の和菓子のお供え。和歌山の取引先の方が、毎月送ってくれました。


夏に、暑中見舞いと書いて、野菜の炊き合わせのゼリー寄せを送ってくださった方。夫が前任地でお世話になった人です。


別の取引先の方は、お魚の干物をたくさん送ってくださいました。お魚、ぜんぜん食べてなかったので、食べながら、夫に美味しいねえって言って、泣きました。


今回の、夫の父の地元の、秋の幸。


送ってくださった方のお気持ちが、あったかい気遣いが、ほんとにうれしいんだけど


なんでか、こういうとき、いつも、
夫が、ちゃんと食べなよ、って届けてくれてるような気がしてしまいます。


渋皮煮、うまくできるかな。


2011年10月 2日 (日)

物理の、お勉強

公開講座を、聴講しました。しかも、物理学の、量子論。。。ものすごく、文系人間だけど、がんばりました。


講座のタイトルは、「科学と仏教の接点」。


チンプンカンプンだったけど。。。私の内面のウツウツ、人間関係のちっちゃな不満とは、次元のちがうお話にひたった3時間 ^ ^


□□□


母も、私も、仏教学者の佐々木閑先生の『日々是修行』(ちくま新書)が大好きです。その佐々木先生が講師をされるので、今回初めて、母と二人で申し込みました。


12年前、父が亡くなったとき。


なんの疑問もなく、仏教で弔いの儀式をしたけれど、その仏教が、わたしたちの気持ちを、ちっともなぐさめてくれなかったことに、すごく疑問をもちました。葬式仏教って言われてるのに、そのときさえ、そのときこそ、形式や体面に、お金を払うばかりで、な~んにも、心のよりどころになるものが、ありませんでした。


高校の友人がいきなりクリスチャンになったり、敬虔なイスラム教徒の人と知りあったり、信仰ってなんだろうなあって思う機会もあって、なおのこと、わたしんちの「仏教」ってなんなん?って思っていました。


そして、夫が倒れ、亡くなった。そのとき、私には、祈る方法がなかった。信じるものも、心が頼るところも、ない。神様とか、天国とか、信じたくても、都合よく、そんな簡単には、ゆだねられない。


それから、「日々是修行」を読んで、お釈迦様のことを前よりは少し知って、仏教って、いいんじゃないかと思えています。神様天国うんぬんではなくて、自分に向き合います。そう思うと、そっから派生した実家の禅宗や夫実家の浄土真宗にも、そんな歴史があることは感じます。以前よりは、わたしは、仏教徒です、といえる気はします。成仏とか、ご縁とか、そんな法話は、もういいよーって、思っちゃうけど。


□□□


なんで、仏教の講座なのに、量子論なのか、私には説明できないけれど。


じつは、わたしたちが当たり前に思いこんでいるものが、思いこみだったり、目に見えなくったって、客観的に実証される事実だったり。


私のウツウツとは、次元の違う量子の世界って、目に見えないのに、
私のまわり、そこらじゅうに充満してるモノだったり、コトだったりするのが、なんか、不思議。


講師の細谷先生と佐々木先生が、チョコチョコまぜてくれる冗談にも、素直に笑えて、気持ちの澱も、すこし流れたみたい。それも、不思議。


« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ