2017年6月16日 (金)

冷蔵庫買い換えました

冷蔵庫がこわれちゃって、買い換えました。
結婚するとき買ったので、17年前。
一番下の冷凍室からジワジワ水もれしちゃうようになってしまって…


夫が使ってた…からまだ使いたい
私死ぬまでまだ何回買い換えが?…なるべく使いたい
でグズグズしてるうちに、
いよいよ水モレひどくなっちゃった^^;


冷蔵庫の中には、さわれずに6年9カ月、
冷え冷えになってるものが、まだあり。


存在感もサイズも、一番でかいのは、
私のおばが漬けてくれたラッキョでした。


夫が喜ぶからと、おばが漬けてくれて。
最後の年は、お盆に帰ったときもらったの、
夫がヒザの上に抱えて、神戸から持って帰りました。


その2週間後に倒れたので、
ほぼもらったまま。大量のラッキョ。


あけられまけんでした。。。


あかずのラッキョ。
母がちょうど来てくれてるときに、開けました。


パリパリで、ぜんぜん大丈夫だった。
ちょっと涙でました。
においするもんだけど、もちろんお供えもしました。
おばちゃんが、どんなに上手に丁寧に漬けてくれたか…ですね。


あけちゃえた、食べられる。
よかった。


弟と甥(高1)がうちに来てくれたとき、
新しい冷蔵庫見せ。
夫がラッキョ抱えてたの、弟も覚えてた。
「食べれんねん!おいしいねん!」って
一つずつお口にいれました。


甥っ子くん、
ラッキョのこと、ラッコて言うてました。
こわいよ。。

2017年6月 8日 (木)

じぶんのことでせいいっぱい

先週の法事、ほとんどの夫親戚は京都市内に住んでいるんだけど、
なかなか集って会う機会もないようで、
近況報告で盛り上がっていました。


高齢のおじさんおばさんが入ってる施設のことか、
介護の様子とか。


「会いに行けたらいいんだけど、
みんな自分のことでせいいっぱいでね〜」


義母方のいとこさんも来てて、
去年、認知症がわかって介護サービスを受け始めた板橋のおばのこと、


「おばがお世話になってすみません、ありがとう」って私になんども言ってくれましたが^^;。
離れたおばさんのこと、なにかするわけでもないですね。


おばが介護認定受けるまでの過渡期、
すこし大変だったころ、
義母は「私は自分のことでせいいっぱいや」
って言ったらしい。義兄嫁あきれて笑ってた。


みんな自分のことでせいいっぱい。
それでいいんだよな、って思いました。


自分のことって、
だんなさまや、こども、親、家族ふくめて。
自分んちこと。


たいへんなこと、たくさんあるけと、
家族って、自分の内側にいる人たち。


わたしは、文字通り「自分のことだけ」。
いまほんと好き勝手しています。


ひとりは勝手にできるけど、
たのしくないよ。
人と会うのは好きじゃないので、
部屋のなかで黙々となんかしてます。
さみしいけど、がんばります。

2017年6月 7日 (水)

義父の三十三回忌

夫父の三十三回忌で、週末関西に帰りました。

私は写真でしか知らないお義父さん。
でも夫がたくさんお義父さんの話し聞かせてくれたので、お会いしたことあるような気がします。

夫はお義父さんより若くで亡くなっちゃったと、泣いてたころもあったけど(なんでも泣いてた^^;)
お義父さんも52歳のとき、現役バリバリの若さですね。

お義父さんのきょうだいはみんな相当高齢なので、
法要は、その子供さんたち=いとこさん大集合でした。

いとこさん達は60代が中心かな。
お食事のときの話題は、親の介護、嫁姑問題、などなど。。
ほんとに90歳、100歳って、 もうめずらしくないんだな、
義父や夫の、倍の長さだ。
時間の長さは関係ないけどね。

ヘビースモーカーの義兄が、
タバコやめてへん人だけ生きてんねん、
って苦笑いしてました。
(夫もやめてました。)

古き良き、厳しさと温かさのある、
田舎の大親戚のエピソードいろいろ聞けて、
楽しかった。


◽︎◽︎◽︎


すこしずつ、また夏が近づいてきて、
なんだかザワザワもあります。

もうなんでもないときなんて、
きっと来ないんだろうし、
来ないでいいんだけど、

もうある程度の時間過ぎて、
やさしい顔で私の話し聞いてくれた人たちも、
まだずっと、悲しみ抱えていたんだろうなって、
あらためて思います。

2017年5月10日 (水)

香港マカオ行ってきた

母との香港・マカオ、楽しい旅行ができました。

今回の旅行、スポンサーは18年前に亡くなった父です。
父は仕事で海外に行く準備をしていて、急に体調を悪くして亡くなったのですが、
おサイフに米ドルが結構入っていたのです。


ほんとはアメリカで使えたらよかったんだけど、
私も、夫が好きだったハワイに行きたいけど、長いお休みとるの難しくて、
母「お札の色が変わってきた…」とか言って気になってたし、
今回の旅行の計画となりました。


海外旅行はほんとにひさしぶり。
4年前に上海に行ったけど、そのときは叔母が誘ってくれて、
現地にいる従兄弟が至れり尽くせりの旅だったので、
じぶんで思い立って、計画して、手配して、、って、ひとりになってから初めてでした。
やっぱり外国へ旅するのは楽しいな。


こんなこと、できる日がくると想像もできなかったし、
逆に、できるようになるのに6年半かかったんだなとも、思います。


夫と旅行したいなって、思うけど、
母とのふたり海外も、私にとってとても大切だし、
お母さんもきっとパパと旅行できたらなって思うと思うので、それでいいのだ。


「パパありがとう〜」とかいいながら、
おいしいものたくさん食べて、たくさん飲みました^^。

2017年4月26日 (水)

香港

連休、母と香港マカオに行く予定にしています。
海外旅行ひさしぶり、ぼんやりしてて、
あわてて、空港までのバスとか待ち合わせとか調べています。


◻︎◻︎◻︎


香港は夫とも行きました。
最初は結婚するすこし前。
初めて二人で旅行したんだ。


男のひとと二人で海外っていうのも初めてで
(あたりまえか^^;)


女子旅行とちがって、ワシワシどんどん
いろんなとこ歩いたり入ったりできて、
乗り物の切符もさっと買ってきてくれるし、
レストランでもチャチャッとオーダーしてくれるし、
おおおと新鮮で、安心感あって、
すごくうれしかったの、覚えています。


香港もマカオもガイドさんが個性的で、話しもつきなくて。


結婚前でダイエットするって気合入ってた夫が、
連れてかれた漢方薬やさんで、肥満用のたっかーい丸薬買ったときは、びっくりした。
同じツアーのぽっちゃりお姉さんも買ってて、夫が「やっぱり!ほら!」って小声で喜ぶから、笑った。


ブランドショップうろうろしたあとで
「女の子にいちばん高いプレゼントしたのってなに?」って聞いたら(あほな質問ですね)

夫、「香港旅行」ってこたえました。


◻︎◻︎◻︎


今回、弟が勧めてくれたホテルに泊まる予定なんですが、
ぐうぜん夫と泊まったホテルの近くみたいです。


母とふたりなので、いつもどおり、
のんびりブラブラしたいと思っています。

2017年4月11日 (火)

新入生、新学期

甥っ子くん、志望高校に合格できて、
高校生になりました。
小学校からずっと徒歩圏の地元派^^地元愛。


弟家族は春休み、ハワイ島旅行。
子どもたちが大きくなって家族そろって行動できることが減ってきてるので、とても楽しみにして計画してました。


みんなめいっぱい楽しめたみたいで、よかった!
お土産のコナコーヒーが美味しくてわたしもしあわせです。
毎朝コーヒーお供えしながら、夫に話しかけます。


私は、ゴールデンウィークに母と香港に行く予定です。


◻︎◻︎◻︎◻︎


最近は月1回、鍼灸院に行ってます。
体調が底上げされた実感があって、すっかり気に入ってしまい、
家でもせんねんきゅうしてます。


家お灸は火を使うので、
ところどころヤケドみたいな跡が残っちゃって
(鍼灸院は電気灸なのであとはつきません)
先生に見つかっちゃって笑ったり、
お灸のアドバイスしてもらったり。


ありがとうございましたーって
ふつうに帰ったんだけど、
家帰って、ひとりビール飲んでたら、
涙がボロボロ。


先生、いまつらいだろうな。
はりつめたり、くずれたり、
ばらばらになりそうなの、
がんばってるんだろうな。


なんだか、、
そのころの自分を思い出してしまって。


私も少しずつ。
ただ、そうするしかできなくて、
いま、ここ。


ムリするなって、言ってくれるのは簡単だけど、
しなきゃいけないことはするしかないし。
周囲の人がかけてくれるひとことひとことに、つかれちゃってたな。。


いまの私、
あれからのいっこいっこ、ひとりひとりのおかげで、
ちょっとずつ、凪いだ海に出てこれた気がします。


あれから知り合った人たち。
思ってもみなかった毎日。
ふしぎです。

2017年3月27日 (月)

おいついた

こないだの土曜日が誕生日で、わたし、
夫の年齢においついてしまいました。
46歳だよ。
夫は大人に思えてたけど、
おいつくと私はほんと頼りない。


夫は最後の誕生日は、仕事でパリにいました。
日付変わってみんなに乾杯してもらってました。


私の土曜日は、午前中は認知症の夫おばの通院のつきそい。
体調はよさそうだけど、認知症は進んでるかな。かわいいボケっぷりなので、会うと楽しいけど。
デイサービスの施設は、おばが設立に関わった発起人の1人らしい(名札でも貼ってあったのかな…)。
週4で来てもらってるヘルパーさんのことはまったく認識ないので、連絡ノート見せると「だれも来てないのに、だれがそんなものを…」と、まるでサスペンスドラマみたいな顔して言います。
去年は、お誕生日だねってお食事ごちそうしてもらったでした。。


夜は、こっちで会える数少ない友人の1人とごはん。
ご主人と義実家とのいろいろ聞いたあとで、友人が、
「Sちゃん(私)は6年半も経つのにずっとだんなさん好きなのにね」って言うから、
生きてたら、もんくやグチ言ってるよーって笑いました。


あれから、いないから、
会えてないから、
文句のいいようも、きらいになりようもないです。。

2017年3月16日 (木)

6年半

昨日は6年と半分の月命日でした。
もうすこししたら、わたし誕生日。
夫の年齢においついてしまう。。


鍼灸院に行ってきました。
小さなお花、お渡ししました。
奥様が二階でエステされてたときとなにも変わらないけれど、
かわいいお花がいっぱいお供えされてました。


先生、「ぼく仕事してないとダメなので」ってやさしい笑顔。
私が夫亡くしたこと知ってくださってるので、
少しお話をしながら、お互い涙ぐんだりしちゃいました。


亡くなって1ヶ月。。


あたまでは分かってるつもりでも、
心と体はついてこないから、
反射的に探してみたり、心はいつも話しかけようとしていたり、
そのたびに、あ、いないのかって現実つきつけられて、
つらかったな、、。


ほんとうに、ひっくりかえって、
からだの中と外が裏返るみたいな声出して、
泣いてたな、、。


四十九日ぐらいに、
「すこし落ち着いた?」
って言われるころからが、
んなわけないじゃん、
こっからがつらかったです。


いまの会社、夫友人のとこで働かせてもらいうようになったのも、
この時期です。
もう5年です。

2017年3月 3日 (金)

義母から電話

ひさしぶりに義母から電話かかってきた。
認知症になった東京のおばのことで私にお礼が言いたくて…って始まったけど、
本題は義姉のルスに、グチ炸裂したかったみたい。


義母は、もう泣きたいー!って言ってたけど、
いろんな意味でスケールのデカい義姉と、
ぶっとんで自分中心な義母との嫁姑エピソード、
義母の弾丸トーク、めっちゃおもしろくて笑った^^
すみません。


夫が亡くなってから一番変わったのは、
義母とのかかわり、気持ちかな。
当たり前だけど、夫いるときは、夫実家=義母だった。
年に何回かしか会わないのに、すごくニガテだった。
義母は気づいてないと思うけど、たくさんキズついて、泣いたりした。
しんどいと思ってたけど、いま思えば笑えるようなことだ。


いまは義実家とのやりとりはほとんど義姉(義兄嫁)としてる。お姉さんって思って私は頼ってる。
義兄も、甥姪も会うととても親しくしてくれる。
ふと、夫の家族なんだって、こころのスポットに入ると、温かくて切なくて涙が出そうになる。


あのとき、6年半後に、こんな感じでいられるなんて、すこしも思えなかったな。


6年半後のわたしは、
あのときの私からみて、どんなかな。
中途半端だけど、不安定だけど、
つらくなったら、半歩先を見て、歩くようにしています。

2017年2月20日 (月)

かなしみ

とてもショックでかなしいことがありました。
半年ぐらい前から通っている鍼灸院の先生の奥さまが、肺がんで亡くなりました。


先生が1階で鍼灸院を、奥さまが2階でエステをされてました。
私たちよりすこし年上ですが、まだお若いです。


昨年末、告知され、闘病されているのは知っていました。
おふたりともブログされてました。
厳しい状況の中、希望もたれてました。


先週月曜日、治療に伺ったとき、
奥さまのご様子は聞けずに、
お大事にともいえずに、帰りました。
先生、このあと病院急がれるのかな、と思っていました。


そしたら、その前の日に亡くなっていた


「仕事は休みませんでした
その間のお客さんには伝えるべきでしたが
悲しみで崩れ落ちそうで話せなかった、すみません」って1週間経ってブログに…


あまりのことに、
ほんとうに驚いて、
先生のお気持ちやご様子を思うと
悲しくてたまりません


とてもかわいくて明るくて元気な奥さま。
「ウさんは虚弱!ハリの助けがすごくいいと思う!」って、
美容のための顔体操も教えてくださった。


なんでなんで、
こんな理不尽な世の中って
ひさしぶりに思った

«いまここ

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ