2018年6月16日 (土)

車検でした

車検でした。
夫号、ついに13年目に突入します。


私だけ乗ることになってからのほうが年数ずっと多いのですが、
距離は夫いるときのが、3倍、走ってます。
いろんなところ、たくさん、出かけたね。
夫号も、幸せだっただろうな。


こんだけ年数なると修理代も結構たいへんなので、
見積もりの電話かかってくるの、ビクビクです。


ディーラーさんはショールームも同じとこにあります。
最近の車って、なにもかもちがう、やたら自動で、おせっかいなほど便利。
うちのこの、この古い車感・・・なんですが、
「できるだけ長く乗りたいんです!」って今年もお願いしました。


ことしはもう少し、走れるかな、
乗りたいな。


車の運転だけは、
周回おくれというか、死別直後のほうがわりとへっちゃらで、
神経症ひどくなってから、どんどん乗れなくなって怖くなって、
いまも、まだすこし不安。


むかしは、どちらかというと友人との旅行とかでも私が運転手でしたが、
いまはすっかり、運転苦手なキャラになっちゃいました。
実際、にぶいし。。
にぶくなってるのは、加齢のせいもありそうですが。。


サービスのお兄さんが、
「長く乗りたいっておっしゃってたので」って
エンジンをきれいにするオイルをプレゼントしてくれました。


長く乗りたい気持ちをわかってもらえたような気がして、
うれしかったです。

2018年6月 3日 (日)

同窓会

金曜日の夜、夫の高校の、東京同窓会に、よんでもらいました。


夫が行ってたころ、わりとこじんまりな会の写真を見たことがあったので、
そんなきもちでうかがったら、
30人近くの集まりで、とっても盛り上がっていて、
おどろきました。


幹事をされてる方が、夫のなかよしで、
当時は、参加されていなかったのに、、
夫への思いで、
それからずっと幹事をして、続けてくださっているそうです。


ことしはじめに、声をかけてくださったときに、
「もっと早くお誘いしたらよかったんだけど
 ウくんの奥さんをお誘いしていいかまよっていて」
と、おっしゃっていただき、


私自身、
この1年ぐらいの変化、
ひとにも、自分にも、バリアがとれてきた実感があるので、
この時間が必要だったような気がします。


ほんとうに、うれしかったのが、
お会いしたことがある夫なかよしさん以外の、
たくさんの同級生の方々が、
夫のこと、ほんとに楽しそうに、語ってくださったこと!


病院、葬儀以来、お会いできていなかった
なかよしさんに、お会いできたこと!


夫がその場にいたら、
「おいおい、そんなん言うなよ」
「おまえそんなふうに思てたん!?」


な、おはなしもたくさんあったと思いますが、


夫親友さんも言ってた
「それはおれがあっちいって、本人と話しするわ」
って。


そうそう。
さきにいっちゃうから、みんないろいろ思っているよ。


みんな行くから、まっててね、って。

2018年4月 7日 (土)

夫同期 Nさん

夫の親しかった同期のNさんから久しぶりライン。
会社やめて、取引先の会社に転職されるとのこと。
夫くんに報告してねって。


驚きましたが、いろんな面から選択されたことだろうし、
夫はなんて言うだろう、どうだっただろう、とも思います。


その同期Nさんが、ちょうど6年前のいまごろ、
同期飲み会に呼んでくれました。


そこで、私の今の会社の社長と再会できて、
そのおかげで、いま働けています。


死別後1年半の引きこもりから、
働かなきゃってすこしあせってたけど、
面接とか行っても、対人恐怖ひどくて、
手も声も震えて、冷や汗かいてるし、
行きも帰りもずーと泣いてばかり。
ふつうのひとといえる状況ではなかったでした。


□□□□


Nさんのことは、社長もよく知っているので、
今回、社長にも、Nさんの転職のこと話しました。


私    「いまここで働けてるの、Nさんのおかげなので、
      私感謝してるんですよ」


社長   「そだなー、いまも引きこもってるかもな~、
      そりゃないか!」


私    「いや、あの状態で働かせてもらって、
      社長にもほんと感謝してるんすよ」


でも、ほんとにそう。


事情知ってもらってて、
夫の存在感があって、
ゆっくりゆっくりリハビリできたです。
いちまいいちまい、薄皮が
きづいたらはがれていくかのような。


あらためて、病み上がりとか、調子が悪い人に、
寄り添える人になりたいな、って思いました。


Nさんも社長も、そんな親切なことしたと
意識してなさそうなところが、すごい。

2018年3月22日 (木)

姪の卒業

弟んちの姪が小学校卒業でした。


卒業式で泣いた?って聞いたら、
「前の日に泣きすぎたので、ぜんぜん泣かなかった!」


卒業式前日に、今年で定年退職される音楽の先生のお話で、
クラス全員、号泣だったらしく。


姪は公立の中学校に行きます。
お兄ちゃん(甥)も行ってた中学校で、雰囲気いいです。
仲良しの子で受験組もたくさんいたみたいだけど、
志望校に受からなくて結局一緒に進学する子も多いようです。


□□□


弟んちで週末の夕食、のんびりまったりBBQ。


義妹と、甥と姪が、すこし思い出話していて、
「あれは、ママが抗がん剤中だったときで」。。。なんて話してる。


耳のはしっこで聞きながら、
あんなにちっちゃくて、
なにもわかってないように見えてた甥と姪も、
ママががん闘病したこと、ちゃんとわかってて、
こんなふうに話せるようになったんだな、って
ひそかにジワっとなりました。


あんたたちは、そう思っていないかもしれないけれど、
私も、ほんとに、ささえてもらいました。


夫が亡くなってから、
数か月は子どもに会うのもつかれるだろうと、
弟と義妹が気を使ってくれたけれど、


それ以後ずっと、ちかくにいてくれて。
義妹の闘病中も、
甥っこくんの反抗期真っ盛りも^^;


姪って、ほんとちっちゃいときから人懐っこくて、
夫にむかって走ってって、ドン!みたいな。
そのおかげで、妹んちの人見知り姪も、ドン。


夫くん、うれしかったって話してました^^。


甥も、姪も、デカくなったよ。

2018年2月17日 (土)

海外旅行にいってきた

先週の連休に、1日お休みを足して、
グアムに行ってきました。


人生、初グアム。


昨年ゴルフつながりで出会った、少し年上の女性に誘ってもらって。


飲むのが好きなお二人とごいっしょだったので、
ラウンド中から、ビールで乾杯。
リラックスできて、たのしい旅行でした。


すごいなあ。。
海外旅行。
しかも、最近知り合ったばかりの人。
わたしはあまり好きな表現じゃないけれど、
7年3か月の、時間薬だと、いうことなのでしょうか。


「共通の趣味」ってすごいですね。
いっぽふみだすときの、
背中を押してくれる力がすごいと思います。


去年、ゴルフに初参加したときは、
いま思えば、ぜんぜん殻の中の人で、
めいっぱいがんばっていた。
対人恐怖から抜け出せるのかどうかもわからず。
ラウンド中も、ほとんどパニック状態。


今回も、ちょいちょい、ネガティブ発言でイラっとさせたかもしれませんが。。
それはそれで、いまの私だから、仕方ないですね。
そういうの、気にしすぎていたの。


すこしずつ、ゴルフも楽しめるようになってきた。


目標は、夫くんとなんども行ったゴルフ場に一人参加することなので、
初心わすれず、がんばります。


グアムは、ほんのすこしハワイを思い出させてくれた。
ハワイ行きたいなあ。。
夫くんが連れて行ってくれた、コースデビューのゴルフ場も、
飛行機(たぶん米軍機)がガーと近く飛ぶゴルフ場も、
また行きたい。ひとりでも行きたい。

2018年1月27日 (土)

おひとりさまと認知症

今日は夫おばの通院つきそいでした。
その後、ケアマネさんがご来宅。
メールはたびたびあったけど、私がお会いするのは久しぶり。


いろんな経緯があり、おばはいま、成年後見人を司法書士さんにお願いする手続き中です。
そういうことはもちろん夫兄夫婦がしていて、詳細知りませんが。


2016年9月の夫七回忌を当日「知らない」って言って、
10月・11月でアルツハイマー型認知症の診断、要介護1(いまは要介護2)。
おばが現状受け入れてくれなくて、紆余曲折ありましたが、
12月・2017年1月頃から、徐々に、デイサービス、宅配のお弁当、
ヘルパーさん、と介護サービスに助けていただいて、一人くらし続けています。
食事がきちんととれるようになったので、
一昨年9月のことを思えば、ずいぶん元気に過ごしています。


あれから、1年。
だましだましやってきたのは、お金のこと。
分かっていたけれど、
そこは私が出るとこじゃないと、見て見ぬふりをしていました。
結局そうやって、みんながみんな、テキトーだったんだよね。


日々のお買い物代金はおばがヘルパーさんに現金をお渡しして、
お弁当代と、新聞代は、集金です。
おば自身だって、お買い物に行きたいかもしれません(たぶん行ってないけど)。


だから、義姉と相談、報告して、家に現金があるようにしていました。
私が1か月~1か月半に一度行ったとき、
おばとATMで手元現金をおろしていました。


でもすこし前から、ケアマネさんからの、
「お金がない」「足りない」の連絡が増えていました。
「足りない」といわれるから、義姉は「念のため多めにおろして」という。


でも、すこしばかりまとまったお金を置いているのに、
だれも管理していない。
これは、ちょっとダメだろと。


だれかを疑うことはしたくないけれど、
疑おうと思えば、証拠もない、おば自身がこんななので、
「本人が使ったんじゃないんすか~」ですむ、
だれのことだって、疑うことができる。


ケアマネさんがすこし厳しい顔で、
司法書士さんの管理が始まるまでは、
自宅におく現金は最小限にしましょう、と。


今日も、未払いの病院代、お弁当代をケアマネさんに支払いお願いしましたが、
それだって、ケアマネさんのこと信頼してるからできることで。


ヘルパーさんのことも、信頼してるし、信頼するしかなくて。


そうやって、生きていければいいんだけど、
そういうものでもないみたい、です。


とりあえず、成年後見人がきまるのでの、あと数か月です。


そんなやりとりを、だまって聞いていたおばが、
「私はなに言ってるのか、ちーともわからない!」と、
すこし不機嫌そうに言ったのが、とても切なかったです。


おばちゃんのお金なのにね。


私も、ある意味、無防備すぎで、
おばちゃんの貴重品のあるところ、知ってしまったから、
健康保険証ない!印鑑ない!通帳ない!キャッシュカードない!って
「おばちゃん探すよ!」って、なんかいも家探ししました。
ほぼ他人なのにね。。おばちゃんこうなるまで、家に入ったこともなかったのにね。


わたしも十分、疑惑の可能性ありです。。。^^;


ちかい記憶や判断力はあいまいになってしまったけれど、
おばちゃんは83歳の人生経験も、きづかいもやさしさもあります。


自分のことなのに、
他人のケアマネさんと、ここ10年だけ登場の「甥の嫁」が、勝手に話してるの、
プライドきずつくよね。


いろいろ切なくなった一日でした。

2018年1月12日 (金)

みみ

耳の具合がおかしくなってから、もう2年半以上。。
耳鼻科であらためて聞くと、低音障害型難聴というらしいです。
耳の症状は、一進一退ですが、なれちゃったかな。


突発性難聴でと、鍼灸にかよいはじめて、1年半すぎました。
いま月1回ペースですが、心身のたよりにしています。


鍼灸の先生の奥様、去年2月に亡くなりました。
肺がんの告知されて、3か月でした。まだ50代でした。


□□□


先週、治療後、先生とおはなし。
来月で1年ですね。。。と。


1年、早かったのか、長かったのか、、、
どっちかわからないんですよ、と。


ほんとそう思います。


いまだから、思う。
よくいう「早いね~あっというまだったね~」の早いとはちがう。


もう、1年経ってしまったのか。。。(あのときから、はなれてしまう)
そんな、「早かった」。


でも、「長かった」の気持ちも同時にあって。
毎日毎日、いたくて、苦しかったから。
ようやく、1年。


泣けます。
ある意味、いまも同じだから。


でも私は、7年半経ってしまって、
モノやら、経年劣化やら、
時間の経過を実感することが多くなりました。


おもわず、
「余生は、長いです」
って言ってしまって、


先生に、逆にはげまされてしまった。


まだ半分ですよ!
これからですよ!って
肩もみもみ。


ごめんなさい。
先生、いろんな意味でいちばんつらいときなのに。
1年目は、ほんと、狂いそうだった。

2018年1月 2日 (火)

2018年

2018年だ
ことしもどうぞよろしくお願いいたします


5連休。
自分でもよくわからないけれど、
すごくすごく、ゆったりと過ごしています。
たぶん、去年後半、
自分なりに、忙しく過ごしていたからじゃないかと思います。
去年は、すこしずつ外向きに、広がれたからね。


元旦はお雑煮をお供えして、いただいて、
初売りしてる隣駅までお散歩。


1時間ほどのウォーキング。
隣区の住宅地は、おっきくてすてきな公園が多いです。
かわいいメジロにも出会えました。


1月2日、今日は、自転車で畑へ。
帰り道、またかわいい小鳥に出会いました。
立ち止まって小鳥見てたら、
向こうから、畑でいつもいろいろ教えてくださる
おじさんTさんが。お散歩っぽいご様子。


Tさんに新年のごあいさつ。
Tさん、「がんばりましょう!」って。
いつも、(畑仕事も)、はげましてくださるのです。


ぜんぜん縁のない場所に住むようになって、
わたし、なにしてんのかな。。。って途方にくれながら、
半歩半歩すごしてきたつもりだったけれど、
道で知り合いにごあいさつできるようになったんだと、
しみじみ。


なんだかこのお休みゆっくり感じるのは、
たぶん平日、バタバタしてるからだと実感し、
日々のペースをすこし見直そうと、
思っています。
日常に追われるのは、
たぶんいまの私には、必要ないことです。


おぞうに、おいしかった。
なんかわからんけど、上手にできた。
夫はおもち好きだった。
お母さん、おもち、ありがとう。

2017年12月31日 (日)

おおみそかドライブ

毎年、母がお餅をついて、ほかにお供えやおりんごなどを
箱いっぱいに詰めて、送ってくれます。


それを受け取って、お仏壇にお供えして、
お花や、すこしの食材を買いに出かけました。


車だしたので、なんとなくそのままドライブ。
中原街道、東京方面に走りました。


車乗ってると、あるあるだけど、
泣ける。
ひさしぶりの道。
夫ときたお店とか、ふたりで歩いたところとか。


夫に会いたいなあ。
それまでがんばらないとなあ。


私はいつもダメダメだと、ネガティブになりがちなんだけど、
みんなそんなかんぺきばかりじゃないんだから、
だれでも、ぼくだって、ダメなときあるよ、いいんだよって
夫が言ってくれそうな気がした。


夫が好きだったことや、いろんなものを
素直に好きで大切にしたいなあ、って思いました。
車もね、ドライブもね。
いつもたくさん笑って、あったかくて、楽しかったよね。


ゆっくり呼吸して、
執着せずに、
穏やかに、
ってそれをこころの目標にしているけれど、


実際の自分は、
「あきらめ」っていうか、
どこか冷めているっていうか、
そんなところがたくさんあるような気がします。


多摩川渡るとき、やっぱり好き。
いつだったか、友達が共感してくれて、
「私もいつも見る、川って視界がワーっと開けるんだよね」と。
ほんとそうだと思いました。


ひとつひとつ、いっぽいっぽ、
来年も、またいちにちいちにち。

2017年12月30日 (土)

2回目なので

昨日でお仕事納めでした。


今日は、クリスマスプディングを食べた。


イギリス人の義妹のお母さんが、
ひとりようのクリスマスプディングを毎年、私にもくださるのです。
わたし、それが大好きなのです。
(弟は苦手らしく・・・
日本では、シックで甘すぎと感じる人のほうが多いかもしれません)


んで、去年、クリスマスプディングに添える
ブランディーバターを義妹に教えてもらって
動画を見ながら、作ってみた!


それがまためちゃくちゃ大好きだったので、
今年も作った!


バターとお砂糖をフワフワになるまでまぜて、
それにブランディーと、今年は義妹のアドバイスで
アーモンドプードルを混ぜた。ちょっとサクサク感。


ものすごく甘いし、ものすごくカロリー高そうですが、
とってもおいしいです。。。


去年は、初めてで、どんな作業かわからず、
手はベタベタになるわ、
なぜかそこらじゅうにバターが飛んだり、
すんごい時間かかったような気がしましたが、


ことしは、手も容器もよごさず、
こんなすぐできたっけ??ってぐらい簡単にできました。
いや実際、簡単やねんけどね。。。


2回目って、すごいなあ。


ぎゃくにいうと、初めてのときって
おなじことなのに、おどろきたっぷりで、
すごく楽しめるってことですね。


クリスマスプディング、おいしい。
義妹のお母さんが、送ってくれるのがおいしいのかもしれないけれど。
ナッツとかドライフルーツとかがギューとつまってて、
リッチだし、あたためたところにブランディバターがすごく合う。


ゆっくりひとりの冬の休日です。

«帰省

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ