2018年2月17日 (土)

海外旅行にいってきた

先週の連休に、1日お休みを足して、
グアムに行ってきました。


人生、初グアム。


昨年ゴルフつながりで出会った、少し年上の女性に誘ってもらって。


飲むのが好きなお二人とごいっしょだったので、
ラウンド中から、ビールで乾杯。
リラックスできて、たのしい旅行でした。


すごいなあ。。
海外旅行。
しかも、最近知り合ったばかりの人。
わたしはあまり好きな表現じゃないけれど、
7年3か月の、時間薬だと、いうことなのでしょうか。


「共通の趣味」ってすごいですね。
いっぽふみだすときの、
背中を押してくれる力がすごいと思います。


去年、ゴルフに初参加したときは、
いま思えば、ぜんぜん殻の中の人で、
めいっぱいがんばっていた。
対人恐怖から抜け出せるのかどうかもわからず。
ラウンド中も、ほとんどパニック状態。


今回も、ちょいちょい、ネガティブ発言でイラっとさせたかもしれませんが。。
それはそれで、いまの私だから、仕方ないですね。
そういうの、気にしすぎていたの。


すこしずつ、ゴルフも楽しめるようになってきた。


目標は、夫くんとなんども行ったゴルフ場に一人参加することなので、
初心わすれず、がんばります。


グアムは、ほんのすこしハワイを思い出させてくれた。
ハワイ行きたいなあ。。
夫くんが連れて行ってくれた、コースデビューのゴルフ場も、
飛行機(たぶん米軍機)がガーと近く飛ぶゴルフ場も、
また行きたい。ひとりでも行きたい。

2018年1月27日 (土)

おひとりさまと認知症

今日は夫おばの通院つきそいでした。
その後、ケアマネさんがご来宅。
メールはたびたびあったけど、私がお会いするのは久しぶり。


いろんな経緯があり、おばはいま、成年後見人を司法書士さんにお願いする手続き中です。
そういうことはもちろん夫兄夫婦がしていて、詳細知りませんが。


2016年9月の夫七回忌を当日「知らない」って言って、
10月・11月でアルツハイマー型認知症の診断、要介護1(いまは要介護2)。
おばが現状受け入れてくれなくて、紆余曲折ありましたが、
12月・2017年1月頃から、徐々に、デイサービス、宅配のお弁当、
ヘルパーさん、と介護サービスに助けていただいて、一人くらし続けています。
食事がきちんととれるようになったので、
一昨年9月のことを思えば、ずいぶん元気に過ごしています。


あれから、1年。
だましだましやってきたのは、お金のこと。
分かっていたけれど、
そこは私が出るとこじゃないと、見て見ぬふりをしていました。
結局そうやって、みんながみんな、テキトーだったんだよね。


日々のお買い物代金はおばがヘルパーさんに現金をお渡しして、
お弁当代と、新聞代は、集金です。
おば自身だって、お買い物に行きたいかもしれません(たぶん行ってないけど)。


だから、義姉と相談、報告して、家に現金があるようにしていました。
私が1か月~1か月半に一度行ったとき、
おばとATMで手元現金をおろしていました。


でもすこし前から、ケアマネさんからの、
「お金がない」「足りない」の連絡が増えていました。
「足りない」といわれるから、義姉は「念のため多めにおろして」という。


でも、すこしばかりまとまったお金を置いているのに、
だれも管理していない。
これは、ちょっとダメだろと。


だれかを疑うことはしたくないけれど、
疑おうと思えば、証拠もない、おば自身がこんななので、
「本人が使ったんじゃないんすか~」ですむ、
だれのことだって、疑うことができる。


ケアマネさんがすこし厳しい顔で、
司法書士さんの管理が始まるまでは、
自宅におく現金は最小限にしましょう、と。


今日も、未払いの病院代、お弁当代をケアマネさんに支払いお願いしましたが、
それだって、ケアマネさんのこと信頼してるからできることで。


ヘルパーさんのことも、信頼してるし、信頼するしかなくて。


そうやって、生きていければいいんだけど、
そういうものでもないみたい、です。


とりあえず、成年後見人がきまるのでの、あと数か月です。


そんなやりとりを、だまって聞いていたおばが、
「私はなに言ってるのか、ちーともわからない!」と、
すこし不機嫌そうに言ったのが、とても切なかったです。


おばちゃんのお金なのにね。


私も、ある意味、無防備すぎで、
おばちゃんの貴重品のあるところ、知ってしまったから、
健康保険証ない!印鑑ない!通帳ない!キャッシュカードない!って
「おばちゃん探すよ!」って、なんかいも家探ししました。
ほぼ他人なのにね。。おばちゃんこうなるまで、家に入ったこともなかったのにね。


わたしも十分、疑惑の可能性ありです。。。^^;


ちかい記憶や判断力はあいまいになってしまったけれど、
おばちゃんは83歳の人生経験も、きづかいもやさしさもあります。


自分のことなのに、
他人のケアマネさんと、ここ10年だけ登場の「甥の嫁」が、勝手に話してるの、
プライドきずつくよね。


いろいろ切なくなった一日でした。

2018年1月12日 (金)

みみ

耳の具合がおかしくなってから、もう2年半以上。。
耳鼻科であらためて聞くと、低音障害型難聴というらしいです。
耳の症状は、一進一退ですが、なれちゃったかな。


突発性難聴でと、鍼灸にかよいはじめて、1年半すぎました。
いま月1回ペースですが、心身のたよりにしています。


鍼灸の先生の奥様、去年2月に亡くなりました。
肺がんの告知されて、3か月でした。まだ50代でした。


□□□


先週、治療後、先生とおはなし。
来月で1年ですね。。。と。


1年、早かったのか、長かったのか、、、
どっちかわからないんですよ、と。


ほんとそう思います。


いまだから、思う。
よくいう「早いね~あっというまだったね~」の早いとはちがう。


もう、1年経ってしまったのか。。。(あのときから、はなれてしまう)
そんな、「早かった」。


でも、「長かった」の気持ちも同時にあって。
毎日毎日、いたくて、苦しかったから。
ようやく、1年。


泣けます。
ある意味、いまも同じだから。


でも私は、7年半経ってしまって、
モノやら、経年劣化やら、
時間の経過を実感することが多くなりました。


おもわず、
「余生は、長いです」
って言ってしまって、


先生に、逆にはげまされてしまった。


まだ半分ですよ!
これからですよ!って
肩もみもみ。


ごめんなさい。
先生、いろんな意味でいちばんつらいときなのに。
1年目は、ほんと、狂いそうだった。

2018年1月 2日 (火)

2018年

2018年だ
ことしもどうぞよろしくお願いいたします


5連休。
自分でもよくわからないけれど、
すごくすごく、ゆったりと過ごしています。
たぶん、去年後半、
自分なりに、忙しく過ごしていたからじゃないかと思います。
去年は、すこしずつ外向きに、広がれたからね。


元旦はお雑煮をお供えして、いただいて、
初売りしてる隣駅までお散歩。


1時間ほどのウォーキング。
隣区の住宅地は、おっきくてすてきな公園が多いです。
かわいいメジロにも出会えました。


1月2日、今日は、自転車で畑へ。
帰り道、またかわいい小鳥に出会いました。
立ち止まって小鳥見てたら、
向こうから、畑でいつもいろいろ教えてくださる
おじさんTさんが。お散歩っぽいご様子。


Tさんに新年のごあいさつ。
Tさん、「がんばりましょう!」って。
いつも、(畑仕事も)、はげましてくださるのです。


ぜんぜん縁のない場所に住むようになって、
わたし、なにしてんのかな。。。って途方にくれながら、
半歩半歩すごしてきたつもりだったけれど、
道で知り合いにごあいさつできるようになったんだと、
しみじみ。


なんだかこのお休みゆっくり感じるのは、
たぶん平日、バタバタしてるからだと実感し、
日々のペースをすこし見直そうと、
思っています。
日常に追われるのは、
たぶんいまの私には、必要ないことです。


おぞうに、おいしかった。
なんかわからんけど、上手にできた。
夫はおもち好きだった。
お母さん、おもち、ありがとう。

2017年12月31日 (日)

おおみそかドライブ

毎年、母がお餅をついて、ほかにお供えやおりんごなどを
箱いっぱいに詰めて、送ってくれます。


それを受け取って、お仏壇にお供えして、
お花や、すこしの食材を買いに出かけました。


車だしたので、なんとなくそのままドライブ。
中原街道、東京方面に走りました。


車乗ってると、あるあるだけど、
泣ける。
ひさしぶりの道。
夫ときたお店とか、ふたりで歩いたところとか。


夫に会いたいなあ。
それまでがんばらないとなあ。


私はいつもダメダメだと、ネガティブになりがちなんだけど、
みんなそんなかんぺきばかりじゃないんだから、
だれでも、ぼくだって、ダメなときあるよ、いいんだよって
夫が言ってくれそうな気がした。


夫が好きだったことや、いろんなものを
素直に好きで大切にしたいなあ、って思いました。
車もね、ドライブもね。
いつもたくさん笑って、あったかくて、楽しかったよね。


ゆっくり呼吸して、
執着せずに、
穏やかに、
ってそれをこころの目標にしているけれど、


実際の自分は、
「あきらめ」っていうか、
どこか冷めているっていうか、
そんなところがたくさんあるような気がします。


多摩川渡るとき、やっぱり好き。
いつだったか、友達が共感してくれて、
「私もいつも見る、川って視界がワーっと開けるんだよね」と。
ほんとそうだと思いました。


ひとつひとつ、いっぽいっぽ、
来年も、またいちにちいちにち。

2017年12月30日 (土)

2回目なので

昨日でお仕事納めでした。


今日は、クリスマスプディングを食べた。


イギリス人の義妹のお母さんが、
ひとりようのクリスマスプディングを毎年、私にもくださるのです。
わたし、それが大好きなのです。
(弟は苦手らしく・・・
日本では、シックで甘すぎと感じる人のほうが多いかもしれません)


んで、去年、クリスマスプディングに添える
ブランディーバターを義妹に教えてもらって
動画を見ながら、作ってみた!


それがまためちゃくちゃ大好きだったので、
今年も作った!


バターとお砂糖をフワフワになるまでまぜて、
それにブランディーと、今年は義妹のアドバイスで
アーモンドプードルを混ぜた。ちょっとサクサク感。


ものすごく甘いし、ものすごくカロリー高そうですが、
とってもおいしいです。。。


去年は、初めてで、どんな作業かわからず、
手はベタベタになるわ、
なぜかそこらじゅうにバターが飛んだり、
すんごい時間かかったような気がしましたが、


ことしは、手も容器もよごさず、
こんなすぐできたっけ??ってぐらい簡単にできました。
いや実際、簡単やねんけどね。。。


2回目って、すごいなあ。


ぎゃくにいうと、初めてのときって
おなじことなのに、おどろきたっぷりで、
すごく楽しめるってことですね。


クリスマスプディング、おいしい。
義妹のお母さんが、送ってくれるのがおいしいのかもしれないけれど。
ナッツとかドライフルーツとかがギューとつまってて、
リッチだし、あたためたところにブランディバターがすごく合う。


ゆっくりひとりの冬の休日です。

2017年12月26日 (火)

帰省

ことしも、年末の帰省しました。
実家神戸と、夫実家京都はしごして、
横浜に帰ってきました。


夫いるころはお正月休みに帰って、
宴会はしごしてたけど、
お正月にぎやかさに一人で行く気持ちになれず、
どこにも居場所がないように思ってしまってから、
年末年始はひとりですごすようになりました。


実家母とべったりの妹家族とは、
なんとなく距離ができてしまって、
それもいまだ変わらずです。


ともだちに会うこともなく、
お墓まいりと、身内との食事と、
それだけで帰ってくるのも。
ことしも、そんな感じでした。


まあいいのだ。
あらためて文字にすると、
だんな死んだからっていつまでも心閉ざしたヘンコですが、
じっさいは、たんたんと自然でいいやって感じです。


でも、ことしは、11月に一緒に旅行した友だちが骨折で入院してるって連絡もらって、
お見舞いいきました。


入院、予定ではまだ続きそうで、
傷もいたいたしくて、
とっても切なかったけど、
顔を見て話せて、いろいろ聞いて笑って、
こちらの勝手ですが、ホッとしました。


友だちと話していて、
骨とか肉とか、ほかの部分も、
人間のからだって、
つねによくなるほうにむかって、
ずっとがんばってるんだなって思った。
その過程で痛かったりするのはつらいけど。


この季節は、
楽しそう、幸せそうなことがたくさんあって、
(町中には幸せアピールかと思うほど、
小競り合いしてる夫婦のなんて多いことか…^^;)


わたしも幸せが当たり前だと思っていたから、
ひとりで歩くと、落とし穴がいっぱい。
意識的にムシするのに、慣れてしまいました。


もっと心穏やかに過ごせるようになりたいです。

2017年12月 3日 (日)

ゆびわ

ふだん、わたしは結婚指輪をしたままです。
でも、最近知り合った方たち、ゴルフがらみだけですが、
そんときは、外しているの。


お仏壇のそばに置いてでかけます。
さいしょはそれもすごく抵抗があったけれど、
そのほうが自然にふるまえます。


みんな私の手や指なんて気にしてないだろうけれど、
みたらご主人いるのねってふつうに思うだろうし、
たわいない雑談からなのに、わざわざ言わなきゃなシチュエーション
できれば、つくりたくないです。


ただ、
何人かの人には、話の流れで言いました。


1年半前に、ほんとうに初めて、人に告白?したときは、
胸がバクバクして、まだ涙が出そうだったけど、


いまは、たんたんと、たぶんさらりと話せるし、
相手が驚いて神妙にされても、「もう7年だから」って言えばたいがい大丈夫だし、
親しいとまではいかなくても、新しく知り合った方もできました。
この1年半は、自分の中で、すごく変化がありました。


でも、ここにきて、思う。
未亡人って、
独身女性カテゴリーなのか。


彼氏いるの?って聞かれたり
ウさんも独身だよ~って言われたり。



。。。



未亡人さんでも、むしろそれが好ましい方もいらっしゃると思うので、
7年経った私に対しては、たぶんそういうの扱いのほうが
一般的なやさしさかもしれません。


でも、めんどくさい。。。
「彼氏とかないですよ」って改めて言えないし。
苦笑い。


合コンメンバーの候補にあげないでください。。。
(理由つけてことわればいいだけですが^^;)


自分が若いころ、今の自分の年齢(当時の親の年代ですね)
まだ合コンとか、彼氏紹介して、とかあるの、
想像できなかった!
すごい。

2017年11月19日 (日)

結婚記念日

昨日は結婚記念日でした。


じつは、夫号(車)のナンバーは結婚記念日。
10月のちびっこゴルフのときに、車の指定ナンバーの話になり。。。
(意外と、自分の誕生日の人が多いの。。。)


車購入時(神戸)、名義変更時(横浜)、と、
2回、自分で運輸局に行って、指定ナンバー取得した私は、
うろ覚えながら、ちょっとだけ経験談もあったりして、


「ところで、ウさん(←私)の車はなんの番号なの?」
って聞かれて、
とっさにしどろもどろ。。。。
苦笑されました。


□□□


結婚記念日は、とってもたいせつで


なぜかというと、夫が大切にしてくれてたからです。


入籍も同じ日にしたいから、と
平安神宮での式のあとパーティへの移動の途中で区役所に行きました。


車のナンバーも、結婚記念日。
するどく分かってくれて、ご指摘くださったのは、ふたりだけ!
私の父方のおば(らっきょのおばちゃん)と、
いつもお世話になっている夫同期さん。


毎年、お花を買って、帰ってきてくれていたの。
6年目のときに、夫が、
「結婚記念日はお花を買って帰るんだよね」って
言われるまで、気づいてませんでした。


帰りが遅いときとか、お花やさん開いてないかもで、
がんばってくれてたんだと思う。
今思えば。


夫くん、ありがとう。ありがとう。


自分のこと、すこしはたいせつにしないとね。

2017年11月12日 (日)

11月・旅行

3連休に友人と九州へ。
その前、週末は連続台風だったので、お天気心配しましたが、
さすが晴天率の高い文化の日、、晴れました。


行先は九州。対馬、福岡。
「対馬行く」っていうと、どこ?なにがあるの?って反応が多かった。
日本の神話な場所がたくさんあったり、元寇とか朝鮮通信使とか、
そういう歴史好きな人は、オオオってなると思いますが、
私は勢いで、行きたくなった感じで。。。でも、よかった。。


すんごい素敵な神社も、
絶景の展望台も、
友人と私、ふたりだけ!


素直に、癒されました。
。。。東京は、人が多すぎるよ。
便利で楽しくって、なんでもあるから。。。なんだけど。
わたしも、それにどっぷりで、離れられなくなってるんだけど。


□□□


博多は、夫が大好きだった町で、
夫は九州に赴任していたときのご縁でお祭りにも参加したりしていて、
私も何度も一緒に行きました。
亡くなった年の夏2010年7月に行きました、
それ以来、ひさしぶりの再訪でした。


今回、夫との思い出が多い場所にはあまり行きませんでしたが、
それなりに、グ、とくるものがやっぱりありました。
覚悟していたより、ありました。


やっぱり、夫が恋しいです。
「いっしょに来てるし」と思ってはみても、
いっしょに、歩きたいです。


毎年、深呼吸できる旅にいっしょに行ってくれる、
そして、夫と私の出会いをつくってくれた友人です。
2016年は軽井沢
2015年は戸隠
2014年は白馬
2013年は上高地

«10月ゴルフ

フォト

プロフィール

  • ウ525
    2010年9月46歳夫突然死。子どもなし一人暮し。なかなか元気でませんが、マイペースで生きてます。 twitterアカウント:usako88chan instagramアカウント:usako88
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ